チック症

子どものチック症のツボ療法です。

次のツボ療法を一日2回、最低1回は行ってください。大体1~2ヶ月でご家族から見てもそれほど気にならなくなるぐらいまで症状が改善します。

 

1. 「身柱」というツボの上下の5cmぐらいの線を、歯ブラシの毛先で30~40回マッサージをします。

「身柱」 (上背部、後正中線上、第3胸椎棘突起下方の陥凹部)

第3胸椎棘突起は、後正中線と肩甲棘内端の水平線の交点に取ります。

2. 「四縫」というツボの上下2cmぐらいを歯ブラシの毛先で各指10回ずつマッサージをします。

「四縫」 (手のひらの人差し指から小指まで四指の第二関節中央)

注意点としては次の点です。 

①よく言われることですが、気にしないことが何よりも大事です、ご家族の方はお子さんに対しだまっていてください。このことは絶対守ってください。

②症状が出ている場所のツボには施術しないでください。かえって悪化します。

例えば、咳払いが症状としてある場合、喉のツボ(「天突」(胸骨脛切痕の上縁陥中))。

 

必ず、良くなります。