ドライアイ

ドライアイに対し、特効ツボ、交感神経の緊張を取り除くツボを使います。


1. 特効ツボです。

右図「液門」 (手背、薬指と小指の間、水かきの近位陥凹部)

手背部第四と第五中手関節白肉際にとります。水かき中央より尺側の陥凹部にかけて押してください。

右図「眼精」 (足の甲側、人差し指と中指の間の指のまたから少し甲側に入ったところ)

2.  慢性的な交感神経の緊張状態を取り除きます。

まず、後頭部にあるツボです。

右図「玉枕」 (外後頭隆起直上陥中の傍ら指2本弱外側)

盆のくぼの中央より指3本上の線上になります。

「風池」 (僧帽筋腱(僧帽筋の起始部)と胸鎖乳突筋の間の陥凹部、後頭骨の骨際)

体の正中線より指3本弱外側に位置します。

「天柱」 (盆のくぼの中央から指2本外側で僧帽筋腱の外縁陥凹部)

左右の「風池」を結んだ線より少し下側に位置します。「風池」を結んだ線には「上天柱」というツボがあり、「天柱」に劣らぬ効用があります。首を後ろに倒し、首の重みを利用して右側は左手の(左側は右手の)中指で押さえた方が効きます。

「健脳」 (風池より指幅1本下)

「百労」 (脊柱の正中第七頸椎棘から指幅3本分上、外側指1.5本)

人によって第七頸椎棘から指幅4本分上が効く場合もあります。

「肩中兪」 (脊柱の正中第七頸椎下の外方指3本離れたところ)

 

第七頚椎棘という言葉が出てきましたので、ここで説明しておきます。第七頚椎棘は、首を前に曲げると首と背中の付け根に飛び出る椎骨で、丸く一番大きく見える骨です。棘は椎骨の後端が隆起し、突出したもの(突起)を意味します。人によっては、第六頸椎が大きく見える人もいます。その場合は、次の方法で判別します。 

第七頚椎は頚椎(首の骨)の一番下で、髪の生え際から指4本下の大きな椎骨です。次の胸椎(背骨)の一番上との違いは首を縦横振ってみると動くのが頸椎、動かないので胸椎です。

 

つぎに上部リンパゾーンです。

右図「上部リンパゾーン」 (足裏、足の甲の各々の趾間の根元にある丸いゾーン)

八風と呼ばれるツボでもあります。親指と人差し指で足の甲、裏を挟むように押しこんでください。