ヘバーデン結節、ブシャール結節

ヘバーデン結節は手の指の第一関節(DIP関節)、ブシャール結節(PIP関節)は第二関節が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。この結節を東洋医学的にみれば、加齢とともに、冷えを伴った腎虚、血虚と考えます。ツボ療法としては、まず対処療法として手の血行を良くし、次に腎を補強し、全身の血行を良くする対処をします。なお、第二関節の場合は、リウマチの可能性の見極めも必要ですから専門医の診察は必須です。

 

1. まず手のツボからです。この手のツボで症状は改善されるはずです

各指の爪の生え際(爪体の角から2mm弱)の6か所です。

右図「少商」、「商陽」、「中衝」、「関衝」、「少衝」、「小沢」

内側から「内」、「内」、「内」、「外」、「内」、「外」と覚えるとよいと思います。これらのツボは井穴と呼ばれ、急性の熱疾患や急を要する病態、精神疾患に良いと言われていますが、ここではからだ全体の冷えを取っていきます。福田稔先生が提唱している「爪もみ療法」も有効です。

 

次に手の冷えに対するツボです。

右図「指間穴」(手の甲側の指の股)

指の股をあいている手の拇指と示指でつまみ、押し込んでください。

2. 腎を補強し、全身の血行を良くするツボです。

右図「湧泉」(足の五指を屈し足底中央の最も隅なるところ)

中国では足の中心線で、指の付け根から踵までの長さの指の付け根から1/3のところにとりますが、ここでは少し上のくぼんだところとします。

「副腎ゾーン」 (「湧泉」の真下)

「腎臓ゾーン」 (第二、第三中足骨の近位端でリスフラン関節線の上)

 

右図「三陰交」 (内踝の直上指4本、脛骨の後縁)

「血海」(大腿骨内側膝蓋骨内上角の上方指3本)