リンパを流す(部位別)

リンパを流す(足の反射区)」ページでは足の反射区を利用して全身のリンパを流すという手法を紹介しました。本ページ「リンパを流す(部位別)」は各リンパ節近くのツボを使ってリンパの流れを促進する方法を紹介します。

考え方は次の通りです。

リンパ液は血液のようにポンプで体内を流れるわけではなく、主に骨格筋の収縮によって流れます。従って、運動不足やコリなどで筋肉の動きが悪くなることはリンパの流れを妨げます。本ページは各リンパ節近くの主要なツボに働きかけ、その筋肉のコリや緊張を取り除くという考え方です。

 

1. 鎖骨下リンパ本管

中指で軽く押圧してください。

右図「欠盆」 (乳頭線上(前正中線の外方指5本(鎖骨の中央))で鎖骨上方の陥凹部)

陥凹部の中心を、指を小さめに回して探ってください。

「気戸」(前胸部、前正中線の外方指5本、鎖骨下縁の陥凹部)

鎖骨の真ん中で鎖骨の下縁にあるくぼみの中の圧痛点に取ります。 

「中府」 (鎖骨の外端の下方の陥凹部から指1本半下) 

肋骨にそって体の奥深く指を入れ込み、ゆっくりと押します。上肢の内側に響きます。

 

 

2. 後頭リンパ節

右図「風池」 (僧帽筋腱(僧帽筋の起始部)と胸鎖乳突筋の間の陥凹部、後頭骨の骨際)

体の正中線より指3本弱外側に位置します。

「天柱」 (盆のくぼの中央から指2本外側で僧帽筋腱の外縁陥凹部)

「風池」を結んだ線より少し下側に位置します。

「風池」、「天柱」ともに首を後ろに倒し、首の重みを利用して押したほうが効きます。 

 

右図「完骨」 (乳様突起下端より後上方指1本弱(骨がくぼんだところ)または乳様突起下端より後下方、陥凹部) 

3. 頸リンパ節

右図「天容」 (前頸部、下顎角と同じ高さ、胸鎖乳突筋前方の陥凹部)

「天牖」 (前頸部、下顎角と同じ高さ、胸鎖乳突筋後方の陥凹部)

「天窓」 (喉頭隆起と同じ高さで胸鎖乳突筋の後縁) 

「扶突」 (前頸部、喉頭隆起上縁と同じ高さ、胸鎖乳突筋の前縁と後縁の間(中央))

「人迎」 (前頸部、甲状軟骨上縁(のどぼとけ)と同じ高さ、胸鎖乳突筋の前縁、総頸動脈上)

甲状軟骨上縁(のどぼとけ)と同じ高さにあり、胸鎖乳突筋の前縁が人迎、中央が扶突、後縁が天窓です。)

c (天窓の下、胸鎖乳突筋の後縁)

人差し指、中指、薬指の3本で軽く押します。

 

これらのツボは、顔を横に向け胸鎖乳突筋を浮き出させた状態で、c以外は中指で軽く押します。胸鎖乳突筋近くのツボは刺激が強いので長押しは避けてください。特に胸鎖乳突筋の前縁のツボです。3~5秒押しを繰り返してください。

 

4. 顎下リンパ節

右図「頬車」 (下顎角の指1本前上方)  

「大迎」 (下顎角の前方指2本半弱の陥凹部、動脈手に応じるところ) 

5. 耳下腺リンパ節

右図「下関」 (頬骨弓の下縁中点と下顎切痕の間の陥凹部)  

耳珠の下の方の前に下顎骨関節突起が触れ、さらにその前の陥凹部にとります。口を開けると下顎骨関節突起が前に移動して陥凹部が持ち上がります。 

「翳風」 (耳垂後方、乳様突起下端前方の陥凹部)  

耳たぶの後ろにあり、口を開けば陥凹部が現れます。口を軽く開けた状態で押します。

 

6. 腋下リンパ節

極泉 (腋窩中央、腋窩動脈拍動部)

 

7. 肘リンパ節

右図「尺沢」 (肘前部、肘窩横紋上、上腕二頭筋腱外方の陥凹部)  

「曲沢」 (肘前部、肘窩横紋上、上腕二頭筋腱の尺側の陥凹部)

腕への手当は次の手法がお勧めです。

手の内側の橈側(親指側)、正中線、尺側(小指側)にそれぞれ肺経、心包経、心経という経絡(ツボの流れ)が走っています。その経絡を手掌、前腕から上腕にかけて軽擦、揉捏してください。軽擦、揉捏の速度は4~5cm/秒を目安としてください。気持ちが落ち着きます。

・手掌は親指の第一関節の屈伸で刺激を与えていくサムウォーキングという手法(「指圧の方法」参照)がお勧めです。

・拇指球、小指球への刺激はもう片方の手の拇指球を使います。

・前腕、上腕の内側の橈側(親指側)、尺側(小指側)は輪状に揉むよりも把握するだけで結構です。

・これらの方法は次の手背側も同様です。

 

次は手の外側です。橈側(親指側)、正中線、尺側(小指側)にそれぞれ大腸経、三焦経、小腸経という経絡(ツボの流れ)が走っています。手当の方法は上記と同様です。

 

個別のツボを意識して施術する方法は「リンパを流す(部位別_手)」を参照してください。

 

8. 胸管~乳糜槽~腹部のリンパ節

おなかの調子を整えるのにも最適なツボです。人差し指、中指、薬指の3本の指を揃えて、中指をメインに軽く押さえます。

右図「巨闕」 (胸骨体下端(肋骨弓が交差する部位)から指3本分下)

胸骨体下端は、みぞおち下から上方にさすると出っ張り(剣状突起)があり、その上のくぼみになります。 

「中脘」 (胸骨体下端(肋骨弓が交差する部位)から臍までの線の中央) 

臍の中心から真上に指4本+1本のところに圧痛を探る方法が分かりやすいと思います。

「期門」

このツボの取り方は二通りありますが、本ページでは後者を取ります。

①第6肋間、前正中線の外方4寸(乳頭中央の下方

WHO(世界保健機関)で定義されている位置で、上記「巨闕」の外方(指5本)

②第9肋軟骨付着部の下縁 

旧来定義されていた位置で、乳頭線上(正中線より指幅5本外方)で肋骨下縁(第9肋軟骨付着部にあたる)のやや内側のくぼみにとります。このくぼみはみぞおちから肋骨下縁を探っていくと2番目のくぼみになります。 

「天枢」(臍の両傍指2本半~3本)

「大横」 (臍の両傍指3本+3本、乳頭線上(乳首から真下の線)) 

「大巨」(天枢穴の下指3本)

「気海」 (臍の中心から真下に指2本) 

「関元」 (臍の中心から真下に指4本) 

正確には臍から恥骨結合上縁を5等分し、上から3/5に取ります。「丹田」とも呼ばれ、泌尿生殖器、婦人科の症候群に効く名穴で、応用範囲の広いツボです。

「中極」 (「関元」より親指幅1本下)

正確には臍から恥骨結合上縁を5等分し、上から4/5に取ります。「中極」の横も含めて3本の指で押します。

 

9. 鼠径リンパ節

右図「衝門」 (鼠径溝の中央(恥骨結合上縁と同じ高さ)

人差し指、中指、薬指の3本の指を揃えて、中指をメインに軽く押さえます。

10. 膝窩リンパ節

右図「委中」 (膝窩横紋の正中)