下腹部の内臓下垂予防

加齢とともにいろいろな衰えが出ます。そのひとつに内臓やそれを支える筋肉の下垂があります。ここでは、尿漏れ、便秘、子宮下垂といった個々の病気・未病への対処というより、引き起こす要因となっている体質を改善するツボ療法について説明します。

 

東洋医学では加齢に伴う内臓下垂を「脾」「腎」の衰えと見ます。

「脾」には消化吸収した栄養物質を心、肺に昇らせるという昇清(しょうせい)という働きや、内臓を落ちないようにする、支えるという働きがあります。東洋医学ではこの働きの衰えが内臓下垂の原因の一つととらえます。

 

次に「腎」も重要です。「腎」の持つ気(持って生まれた先天的なエネルギー)は加齢とともに衰えるわけですが、腎が支配する、特に下腹部の器官の機能にも減退症状があらわれてきます。

 

ツボ療法としては、「脾」を中心に「腎」の経絡(ツボの経路)のツボ、特効穴及び反射区を使います。さらに運動療法も加えます

 

1. まず、「脾」、「腎」の経絡のツボ及び特効穴です。

右図「百会」(頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部)

髪際から指幅7本上か7本弱(女性は6本上)で少しくぼんでいるところを探ります。「百会」」の押し方は首筋を立て脊髄の真ん中めがけて気を送りこむことをイメージします。もっともお勧めのツボです。

 

右図「気海」 (臍の中心から真下に指2本)

精神的および肉体的疲労にも効く名穴です。 

「関元」 (臍の中心から真下に指4本) 

正確には臍から恥骨結合上縁を5等分し、上から3/5に取ります。「丹田」とも呼ばれ、泌尿生殖器、婦人科の症候群に効く名穴で、応用範囲の広いツボです。

「子宮」 (恥骨結合上縁中心から上方に親指幅1本さらに指4本横)

「帰来」 (恥骨結合上縁中心から上方に親指幅1本さらに指3本横)

「帰来」は元に帰る、戻るという由来があり、子宮下垂のツボとして有名です。

「気海」、「関元」、「子宮」、「帰来」の押し方は次の通りです。立つか、寝た状態で、肛門や尿道を強くしめ、骨盤底筋を引き上げ、息を口から細く吐きながら、5~10秒長めに押していきます。そして、緩めます。これを3~5回繰り返します。

右図「足三里」 (膝の外側直下の小さなくぼみから指4本分下)

右図「三陰交」(内踝の直上指4本、脛骨の後縁) 

2. 足の反射区とツボで「脾」、「腎」を強化します。

右図「膵臓ゾーン」 (拇指球の3cmぐらい下のリスフラン関節上)

「胃十二指腸ゾーン」(足裏第一中足骨の基部)

消化吸収を正常化します。双方のゾーンとも指圧棒を使って押し揉みます。方向としては内側から外側に向けて押し込みます。 

「湧泉」(足の五指を屈し足底中央の最も隅なるところ) 

中国では足の中心線で、指の付け根から踵までの長さの指の付け根から1/3のところにとりますが、ここでは少し上のくぼんだところとします。指圧するときは一番反応のある箇所を選んでください。指圧棒を使い、皮膚に直角に押し、最後に足先のほうに押しこんで脱力します。

「副腎ゾーン」 (「湧泉」の真下)

 

3. 運動療法です。簡単にできる全身のひねり運動です。横回転の「スワイショウ」という気功法がお勧めです。

①立った姿勢で、足を肩幅ぐらいに広げて立ちます。その際、つま先は広げず、正面を向けます。 

②腕の力を抜いて、腕を垂らしたまま、頭頂から背骨、尾骨の縦の線を軸にして、ウエストをひねって回転運動をします。

③腕と肩の力を十分に抜き、腕は体に巻きつくようにまかせる感じです。勢いをつけて回さないでください。

④首もあわせて回しますが、めまい防止のため回しすぎないでください。

⑤左右に巻きつくとき口からふっと息を吐きます。吸うときは自然に任せます。

⑥時間にして1~2分程度、1日1~2回行ってください。

 

4. インナーマッスルのトレーニングです。

①骨盤底筋を鍛えます。お勧めのトレーニングです。

項番1で記述した「気海」、「関元」、「子宮」、「帰来」を押す際は次の要領で押してください。

・仰向けに寝て、軽く足を広げて膝を立てます。

・次に肛門や尿道を強くしめながら、腰を持ち上げます。その際、息を口から細く吐きながら、上記のツボを5~10秒間長めに押していきます。そして緩めます。これを3~5回繰り返します。

 

②太もも上げです。

・腸腰筋を鍛えます。

・まっすぐ立ち、太ももを前方に上げます。股関節の角度は慣れてきたら90度ぐらいです。

・加えて、太ももの先、膝から10cmぐらい上を両手でつかみ抵抗を与えます。抵抗を与えることがポイントです。