乳腺炎

炎症を起こしている場合は、患部より遠いところから治すという原則から足の反射区を使います。

 

1. まず、乳腺ゾーンです。

右図 「乳腺ゾーン」(足背の中央で人差し指、中指、薬指の中足骨の中央のだ円形)

手の人差し指、中指、薬指の先を使って柔らかく移動させます。

次にリンパゾーンです。

右図「上部リンパゾーン」(足裏、足の甲の各々の趾間の根元にある丸いゾーン)

八風と呼ばれるツボでもあります。親指と人差し指で足の甲、裏を挟むように押しこんでください。

右図「腋窩リンパ腺ゾーン」(足の甲および裏側、小指の中足指節関節の1cmぐらい足首側、足外縁から斜めに上行)

特に薬指と小指の間を中足指節関節に向けて軽めに押し込みます。(特に丸しるしのところ)

2. 次に定番の背中、肩のツボです。慢性の場合の予防として使ってください。

a1「膏肓」の内下方の圧痛点(第四、第五胸椎棘突起間脊柱の線上で肩甲骨内縁、最も強い響きのあるところのあるところ)より、指1本または2本弱内下方の圧痛のあるところ)         

a2「天宗」(肩甲棘中央の下方、棘下窩のほぼ中央)

a3「肩井」(第七頚椎棘と肩の骨の先端(肩峰角)を結んだ中央)

第二、第三、第四指を揃えて肩上に当て、第三指(中指)が当たるところで、押すとズンとひびきます。皮膚に対して垂直に押します。第七頚椎は後頭部の髪の生え際から指4本下になります。