便秘

1. 便秘解消のコツは、朝食後にコップ1杯の水を飲む習慣をつけてください。朝一番ではなく、朝食後であることがポイントです。

 

2. 足裏の「大腸ゾーン」への押圧は慢性的な便秘に欠かせません。強めに指圧棒を使って押し込みます。

「大腸ゾーン」は1から5のラインです。2と3のラインはリスフラン関節の少し下方(但し、第四中足骨基底部では同関節の上方)、5のラインは内髁と外髁を結んだ線になります。

指圧棒で右足から左足への数字の順番に押してください。次に、左右均等に抑え、抵抗または痛みがあるところを探します。その箇所に重点的に圧を掛け、抵抗が和らぐまでほぐしていきます。1のラインの黒丸の部分は「回盲部」(立方骨と踵骨の間)の反射区です。ここも念入りに押し込んでいきます。

合わせて「大腸ゾーン」に囲まれている「小腸ゾーン」(土踏まずのリスフラン関節より踵側)も押圧してください。腸は人の体の中で最大の免疫器官でもあり、第二の脳と言われています。「小腸ゾーン」は斜線部分です。

右図「直腸」(上記5のラインの内側縁から踵骨の内側下部)の反射区も押し込みます。

3. 次に便秘には定評のあるツボです。特におなかが張った場合に有効です。

右図「澤田流神門」 (手首の小指側の真横、骨と骨の間)

もう一方の手の親指で強めに押します。ピップエレキバンを張ることも有効です。

右図「間使」 (腕の内側、腕関節横紋から指4本分離れたところの中央)

腕をそらして取ります。

 

右図「支溝」 (腕の外側、腕関節から指4本分離れたところの中央)

特に、常習の便秘に効きます。

 

「間使」、「支溝」双方とも指4本弱(3本強)の場合もあります。もう一方の手の親指と中指で挟むようにして強めに押し便意を催す個所を探してください。

4. 上記までで改善するはずですが、体質を変えるためにおなかの調子を整える次のツボを加えてください。

右図「天枢」(臍の両傍指2本半~3本)

「大横」 (臍の両傍指3本+3本、乳頭線上(乳首から真下の線)) 

お勧めのツボです。「澤田流神門」、「間使」、「支溝」にこのツボを加えてください。効き目があります。皮膚に直角に少し強めに押してください。

「大巨」(天枢穴の下指3本)

右図「足の三里」 (頚骨突起の下際と腓骨小頭の下際とを結び、頚骨側から3分の1) 

少し強めに押します。

右図「大腸兪」(第四、第五腰椎棘突起間

脊柱の傍指2本、腸骨の上端の高さ)

押し方としては次の方法がお勧めです。 

仰向けに寝て、小さなボールを2個タオルに巻いて腰に当てます。小さなボールとしてバウンドボール(直径56mm)がお勧めです。