前腕部の痛み、腱鞘炎

ここでは、前腕部の痛み及び手指の痛み・しびれのツボ療法について説明します。

ツボ療法の前に、痛くなる原因の姿勢、腕や指の使い方、力の入れ方、負荷をレビューしてください。これらの改善を図ることが重要です。改善の方法のひとつとして、左右の負荷を分散してください。分散の仕方は左右均等にする必要はありません。右利きの場合は、右に比重をかけた方が、バランスが取れます。

 

1. 仕事柄手首、前腕を酷使し、前腕の慢性的な痛みが取れないケースがあります。この場合、右図の足の外側の青い線上「上腕」を指圧棒で押しこんでいきます。前腕部に痛みがある場合は、足のこの部分を押すと相当痛いはずです。腕関節が痛い時に小指に近い方に痛みがある場合があります。治療点としては痛い個所を念入りに押し込んでください

 

2. 場合により、項番1の図の部分に痛みが生じないケースがあります。その場合は右図の青い線、第一中足骨と第二中足骨の間を押してみてください。重いものを繰り返し持ったりすることで、鎖骨と肩甲骨から成る上肢帯に何らかの故障が生じ、それが前腕部の痛みに現れるケースがあります。その場合、右図の線上を押すと痛みがあります。

3. 次に上廉、「手三里」、曲池というツボを押します。

右図上廉」 (腕橈骨筋という前腕外側の大きな筋肉の一番盛り上がったところ)

次の「曲池」から指4本離れたところにあります。手のひらで前腕部を下から支え、親指で押し込みます。

「手の三里」 (次の「曲池」より前腕橈側指3本下)

曲池」 (肘を深く屈し、肘下横紋の外端)

肘の骨に向かって押し込みます。

 

「合谷」もお勧めのツボの一つです。

右図「合谷」 (第一、第二中手骨の基底部の前陥凹部にとる。やや人差し指側)

4. 肘関節が痛い場合は項番1の右図「肘」を押し込みます。第五中足骨の基部で、骨の出っ張りがあるところです。

 

5. 腱鞘炎の場合、上記上廉、「手三里」、曲池に加え、次のツボが有効です。 

右図「陽谿」(第一指と第二指を伸展して、深い凹窩の生じるところ)

このツボは鎮痛効果があります。コツは円を描くように押しこみながら揉みます。「陽谿」のほんの近くに親指の腱鞘炎に卓効のある「澤田流合谷」(陽谿のやや指側で押される側の手の指は開いておきます。

右図「大陵」(腕関節掌側横紋の正中にとる、多少橈側)

双方のツボとも痛い格好にして押すことがもうひとつのコツです。

6. ある動きをした時、またある姿勢をした時に痛みが残っている場合や肩甲骨間に痛みがある場合の対処法です。治療後に残る動作時の痛みは、鍼灸では「経筋」の病といわれています。この場合、痛みやこわばりのあるところを流れている経絡(ツボの経路)の熱を取るツボ「滎穴」、関節の痛みを取るツボ「兪穴」と呼ばれているツボが有効です。ピップエレキバンを貼るか、せんねん灸をします。

 

右図「二間」(示指、第二中手指節関節橈側遠位(指先側)陥凹部、赤白肉際)

「三間」(手背、第二中指節関節橈側の近位(手首側)陥凹部)

ここでの遠位とは指先側、近位とは逆に手首側です。 

 

7. 手の指がこわばる、手の先に痛みがあるといった場合は、いくつかの原因が考えられるため、念のため医者の診察を受けてください。

次のような病名、「手根管症候群」、「へバーデン結節、ブシャール結節」または「弾発指(ばね指)診断された方はそれぞれ同名のページをご参照ください。