呼吸困難

通常の呼吸がつらく、浅くなりがちで、たまに大きく息を吸わなければ酸素不足と感じる症状です。中年以降まれに発症します。病院で精密検査をしても異常値が見つかりません。原因として、『肋骨周辺の筋肉が凝ることで呼吸に必要な「胸の膨らみ不足」から生じる』が考えられます。筆者の経験から水泳やおなかの周りのインナーマッスルを鍛える運動のやりすぎでこの状況になります。呼吸に関連する筋肉に疲労がたまっていると考えられます。なお、動悸を伴う息切れについては、不整脈、動悸、息切れ」のページを参照してください。

また、加齢とともに呼吸が浅くなりがちです。古くから伝えられている呼吸法を項番3に記述しました。ぜひ実践してください。

 

《豆知識》

・呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)には、横隔膜、大胸筋、肋間筋等20種類以上ある。息を吸うときの筋肉(吸息筋)と息を吐くときの筋肉(呼息筋)とに分かれる。

・横隔膜は、呼吸筋の中で最も強い力を持つ。

起始部は第7~12肋軟骨内面、剣状突起後面、第1-3腰椎椎体の前面、停止部は横隔膜中央部の腱膜(腱中心)

・これらの筋肉が硬くなると呼吸が浅くなる。

・加齢とともに筋力も落ち、うまく吐き出すことができず、肺の中に多く残ってしまう。すると、次に吸うときに強い力が必要となり、呼吸筋に余計な負担がかかり、呼吸が苦しくなる。

 

(豆知識の参考文献)

・本間生夫(2014)『心と体をラクにする呼吸スイッチ健康法』大泉書店.

 

1. この症状の場合、横隔膜の疲労を取ることで症状が軽くなります。

①足の横隔膜の反射区を使います。

右図「横隔膜」 (中足指節関節とリスフラン関節の間)

次の腹腔神経叢と重なります。

「腹腔神経叢」(「湧泉」というツボを中心に第一中足骨と第二中足骨の間から、第三中足骨と第四中足骨の間までの範囲)

特に、親指と人差し指のまたから踵方向に4cm下がったふくらみの稜線上、そして、そこからふくらみの下のくぼみまでの箇所が効きます。

 

右図足の甲側「横隔膜」 (リスフラン関節上)

横隔膜の反射区はいくつか説がありますが、本ページでは甲側の横隔膜はリスフラン関節上に取ります。実際に効果が得られます。

②手の横隔膜の反射区を使います。

右図手の「横隔膜」 (手のひら、知能線の始点と感情線の始点を結んだ線)

お勧めです。サムウォーキングで押し揉みます。

 

2. 胸のツボです。

①次のツボにピップエレキバンを貼るか、押し揉んでください。

右図「神封」 (前胸部、第4肋間、正中線の外方指3本)

乳頭線上と正中線のほぼ中間で、乳頭と同じ高さになります。乳頭線は前正中線の外方指5本(鎖骨の中央)に取ります。左右の脇の下を結んだ線から真下の指4本が乳頭の高さになります。

「鳩尾」 (上腹部、前正中線上で胸骨体下端の下方指1本強)

「不容」 (乳頭線上と正中線のほぼ中間で肋骨の下縁(第8肋軟骨付着部)のやや内側のくぼみ)

「神封」と縦の線は同じです。

「期門」 (乳頭線上で肋骨下縁(第9肋軟骨付着部)のやや内側のくぼみ)

ここでは、WHO(世界保健機関)で定義されている位置ではなく、旧来定義されていた位置に取ります。

 

・押し揉むときは、ツボだけではなく、「神封」の上下、第3肋間、第5肋間も一緒に押してください。

・「鳩尾」、「不容」、「期門」のみならず、肋骨下縁全体も押し込んでください。

 

②就寝のときは胸全体にタオルを当て温めてください。朝までそのままにしておいてください。

 

3. お勧めの呼吸法です。一日に1~数回行ってください。

注意点です。呼吸困難な状態のときには無理して深呼吸や腹式呼吸をする必要はありません。筆者の経験からいくと、普段は使わない筋肉や鎖骨を使って強引に呼吸をしようとし、かえって呼吸困難が増します。 

 

①中国唐の時代の有名な医書「千金方」に書かれている呼吸法です。

「常に鼻から清気を引き入れ、口より濁気を吐き出す。入るること多く出すこと少なくす。出すときは口をほそくひらきて少しずつ吐くべし」

②貝原益軒の養生訓には次のようにあります。「これを行うときは、姿勢を正しく仰向けになり、足を伸ばし、目を閉じ、手を強く握り、両足の間は五寸開き、両肘と体の間をそれぞれ五寸ほど離すようにする。一日一夜の間に、一、二度行うべきである。」

③腹式呼吸のときに横隔膜を意識する方法です。

・胸側の肋骨(第8~10ぐらいまで)下端に指先4本を添えます。

・息を吐くとき、おなかをへこませるわけですが、4本の指先も下がります。

・息を吸うと、おなかはふくらみ、4本の指先も横に広がりながら、上方向に動きます。