咳喘息

咳喘息は治るまで一ヶ月はかかり、風邪をひいたときの咳止めの薬では効きません。咳喘息用の薬を調合してもらうことですが、少しでも症状を軽くするための反射療法を次に示します。即日に効き目が見えるはずです。

空咳とともに、胸やけや胃から口の中にかけて様々な症状を自覚する場合は逆流性食道炎を疑ってください。医者の診察が必要です。

 

1. 右図の足指の中足骨間に指をさしこみ押していきます。特に第一中足骨と第二中足骨の間を念入りに押しこんでください。逆流性食道炎も第一中足骨と第二中足骨の間を押し込みます。

 

2. 次に風邪の咳にも有効な定番のツボです。

右図「天突」(胸骨脛切痕の上縁陥中)

発作の時に人指し指を曲げてかぎ状にして下にやさしく押し込みます。強く押したり、垂直に押さないでください。

「中府」(鎖骨の外端の下方の陥凹部から指1本半下)

肋骨にそって体の奥深く指を入れ込み、ゆっくりと押します。上肢の内側に響きます。

 

下図「孔最」 (肘関節前面上腕二頭筋腱の外縁から腕関節に向かい指4本)

3. 喘息への移行を防御するためにも腸管免疫を高める必要があります。念のため、足裏の大腸ゾーン」、「小腸ゾーン」を押し揉んでください。

まず、「大腸ゾーン」で、1から5のラインです。2と3のラインはリスフラン関節の少し下方(但し、第四中足骨基底部では同関節の上方)、5のラインは内髁と外髁を結んだ線になります。指圧棒または歯ブラシの柄の先でも結構です。右足から左足での数字の順番に押してください。次に「大腸ゾーン」に囲まれている「小腸ゾーン」(土踏まずのリスフラン関節より踵側)で、斜線部分です。