帯状疱疹

帯状疱疹は早期(発症から3日以内)に皮膚科にかかり、治療を開始することが必須です。

帯状疱疹の痛みは、波状的で、かゆみ、水ぶくれを伴うこともあります。ツボ療法は、鎮痛剤の服用に加えることで、痛みを緩和するのに有効です。本ページは胸部に発症した場合のツボ療法です。

 

皮膚の症状がなくなった後、痛みや違和感が残る場合は、帯状疱疹後神経痛の可能性があり、皮膚科に再受診のこと。

 

1. お勧めのツボです。

①「華佗夾脊穴(胸椎の範囲)」 (各胸椎の棘突起の下縁から、指1本弱外側)

外側からななめ方向に気持ちよい範囲で押します。背中のツボ押しの道具を使い、1日数回押してください。

華佗夾脊穴は胸椎、腰椎の両側に並んで17経穴あります。帯状疱疹の場合は発症している部位に沿った肋骨の椎骨棘突起の3つ上から3つ下ぐらいの範囲で押します。押すと左右で押した際の感覚が違いますので押す範囲はすぐわかります。

 

②発疹のまわりを囲むようにして、シャープペンシルの先(芯を出していない状態)か爪楊枝の先でチクチクと刺激(上記の図参照)をします。1セット当たり5回ぐらい、一日3セットぐらい行います。患部には触らないでください。水ぶくれはつぶさないでください。

 

③胸部に発疹ができているケースは次のゾーンの揉捻を加えてください。

右図足の甲側「肋骨ゾーン」 (親指の中足骨から小指の中足骨のエリア)

足の甲に肋骨のイメージを描いてください。足の甲の中足骨のゾーン全体を軽擦します。圧痛あるなしに関わらず、5分ぐらいかけて揉捻してください。 

 

 

右図「胸椎ゾーン」 (親指の中足骨内側のアーチ部分)

押し方は上記と同じです。丹念に、少し強めに揉捻してください。

2. 治りかけのときの無理は禁物です。 

・帯状疱疹は体力低下、免疫低下のときになりやすいのですが、東洋医学的な観点から見ると「火邪(注参照)」により肝の経絡、「湿熱(注参照)」により脾の経絡に悪い影響を与えていると考えます。後者は恒常的な食べ過ぎ、飲み過ぎであり、それがなければ、火邪つまり、熱、暑にやられています。特に夏の終わりのころです。

・自分が思っている以上に身体は疲れていると考えてください。

・薬が飲み終わったとしても、胸部に少しでも痛みがあったり、違和感がある場合は上記のツボの施術を続けてください。

 

[注]

火邪:熱、暑で健康を損ねている状態

湿熱:過剰な「水」と「熱」が体の中で結ばれ充満することで、「気(生命エネルギー)」、「血」の働きを邪魔してる状態

 

3. 帯状疱疹後神経痛になった場合のツボ療法です。補助療法として手当てをしてください。

痛み、違和感がある神経に沿って、さらに背骨のところは縦に、シャープペンシルの先(芯を出していない状態)か爪楊枝の先でチクチクと刺激をします。1セット当たり5回ぐらい、一日2セットぐらい行います。