歯の養生

歯の養生は日常的な正しい歯磨きの習慣(歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロス)、定期的な歯医者での検診咀嚼です。口の体操もお勧めです。

ここではさらに加えてツボによる歯の養生について説明します。慢性的な歯周病のケアに最適です。

 

中国古代の五行思想では、「目」、「舌」、「口」、「鼻」、「耳」を五根と言い、それぞれ順に「肝/胆」、「心/小腸」、「脾/胃」、「肺/大腸」、「腎/膀胱」の臓/腑と対応させています。「歯の病いは胃火ののぼるなり」つまり、歯の病は「胃」と関係が深いとしています。また、「筋」、「脈」、「肉」、「皮毛」、「骨髄」を五体と言い、東洋医学の「骨髄」は「骨」、「歯」を表し、「腎」と関係が深いとしています。

これらの観点から「胃」、「腎」の経絡(ツボの経路)、特効ツボを使用します。

 

1. 顔のツボからです。

①右図「下関」 (頬骨弓の下縁中点と下顎切痕の間の陥凹部)

耳珠の下の方の前に下顎骨関節突起が触れ、さらにその前の陥凹部にとります。口を開けると下顎骨関節突起が前に移動して陥凹部が持ち上がります。上の奥歯の養生です。

「翳風」 (耳垂後方、乳様突起下端前方の陥凹部)

耳たぶの後ろにあり、口を開けば陥凹部が現れます。口を軽く開けた状態で押します。下の奥歯の養生です。

「頬車」 (下顎角の指1本前上方)

「大迎」 (下顎角の前方指2本半弱の陥凹部、動脈手に応じるところ)

「翳風」、「頬車」、「大迎」は下の奥歯の養生です。

 

②右図「顴髎」(頬骨の下縁目じりの直下陥中)

上の奥歯の養生です。

「迎香」 (鼻唇溝中(法令線上)、鼻翼(小鼻)外縁中点と同じ高さ))

「水溝」 (鼻の下の溝の中点または上1/3)

「人中」とも呼ばれます。

「迎香」、「水溝」は上の前歯の養生です。

「承漿」(頤唇溝の中央(下唇の下端と顎のふくらみとの中間))

下の前歯の養生です。

 

2. 足と手のツボです。

①右図「女膝」 (踵の尖端で、足の裏の赤っぽい色から「かかと」の普通の肌色に変わるその境界線のところ)女室とも言います。

「女膝」は歯周病(歯槽膿漏)の名穴ですお灸がよく効きます。炎症を起こしているときは熱くありません。熱くなる(あたたかくなる)まで何壮でも繰り返してください。慢性化している場合は、長期にわたり、お灸(せんねん灸)を続けることを勧めます。次第に落ち着いてきます。

お灸の煙が苦手な方は煙が出ないタイプをお使いください。煙が出ないタイプは「ぬくぬく灸」を勧めます。ぬくぬく灸の使用法については、「温灸の効用と使用上の留意点」ページを参照してください。

 

[広告]

歯痛、歯茎の腫れにお勧めするツボです。

温溜」 (陽谿穴(第一指と第二指を伸展して、深い凹窩の生じるところ)と曲池穴(肘を屈曲したとき、肘関節の前面にできる横紋の外端のくぼみ)を結ぶ線上で、中央から手首側へ指幅1本強)

お灸が最適です。熱くなるまで何壮もやります。 

③右図「合谷」 (第一、第二中手骨の基底部の前陥凹部にとる。やや人差し指側)

しっかりと片方の手の親指の先で押し込みます。

右図「曲池」 (肘を深く屈し、肘下横紋の外端)

初めは弱く、次第に強く外向きに、ひびきの感覚が拡散するように押します。

3. お勧めの口の体操です。福岡のみらいクリニック院長で内科医・東洋医学会漢方専門医の今井一彰先生が提唱する口呼吸を鼻呼吸に改善していく口の体操「あいうべ体操」です。簡単ですが、いろいろな動作が含まれています。

先生のサイトでは次のように説明しています。

(1) 「あー」と口を大きく開く

(2) 「いー」と口を大きく横に広げる

(3) 「うー」と口を強く前に突き出す

(4) 「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けます。