生理痛、生理不順

生理痛、生理不順への対応です。血流改善とホルモンバランスを取ることを目的としていますので、そのほかの女性特有の不調の改善にもなります。定番のツボや反射区を使います。注意点として生理中は強く揉まないでください。かえって痛みが増す場合があります。痛みは次の日にはおさまると思います。生理が始まってからというより、日常的に押すことを勧めます。

 

1. まず、代表的なツボです。

右図「三陰交」 (内踝の直上指4本、脛骨の後縁)

「血海」(大腿骨内側膝蓋骨内上角の上方指3本)

生殖腺機能を整え、ホルモンバランスの崩れを防ぎ、緊張を取り除き、血流を改善します。

 

2. 次に足の反射区です。

右図左側 「子宮ゾーン」(足の内側、内踝と踵骨の後下端を結んだ線の中点)

右図右側 「卵巣ゾーン」(足の外側、外踝と踵骨の後下端を結んだ線の中点)

「骨盤部のリンパ腺ゾーン」 (内、外両側の踵の大部分)

上記の中点を中心に斜線部分全体を揉んでください。特に踝の下、斜め下、次の「営池四穴」というツボのところまでしっかり揉んでください。少し痛いですが。

「営池四穴」 (足の内踝の前後にある凹み)

中国の古い医書「千金方」に書かれている生理痛、生理不順に欠かせないツボです。

矢印のところも揉んでください。

「大腿部のリンパ腺ゾーン」 (アキレス腱に沿った線)

「鼠径部リンパ腺ゾーン」 及び「卵管ゾーン」(内踝と外踝をつないだ線)

3. 次に手軽にできる手のツボです。

右図「合谷」 (第一、第二中手骨の基底部の前陥凹部にとる。やや人差し指側)

鎮痛効果があります。

右図「生殖ゾーン」 (手のひら側、小指の下)

ホルモンバランスを取ります。

4. 次に足のつぼ、反射区です。生殖腺機能を整え、ホルモンバランスの崩れを防ぎ、緊張を取り除きます。

右図「脳下垂体ゾーン」 (足の親指の腹の中央)

 

ホルモンバランスを取り、ストレスを軽くします。 

「腹腔神経叢」 (「湧泉」(足の五本の指を内側に曲げた時にできる凹んだところ)というツボを中心に第一中足骨と第二中足骨の間から、第三中足骨と第四中足骨の間までの範囲(斜線で囲んだところ))

太陽神経叢ともいいます。特に、親指と人差し指のまたから踵方向に4cm下がったふくらみの稜線上、そして、そこから拇指球の下のくぼみまでの箇所が効きます。神経の緊張状態を取り除く有名なゾーンです。

「湧泉」(五指を屈し足底中央の最もくぼんだところ)

 

「副腎」 (湧泉の下のエリア)

 

5. 血の貯蔵の調整を行い、ストレスを抑えます。

右図「太衝」(第一、第二中足間を圧上して指の止まるところ)

足の中心に向かい、押します。ストレスがある場合、「太衝」を押さえると痛くて飛び上がります。

6. 体の中心、下腹部の血流改善です。

右図「気海」 (臍の中心から真下に指2本)

精神的および肉体的疲労にも効く名穴です。

「関元」 (臍の中心から真下に指4本)

正確には臍から恥骨結合上縁を5等分し、上から3/5に取ります。「丹田」とも呼ばれ、泌尿生殖器、婦人科の症候群に効く名穴で、応用範囲の広いツボです。「気海」、「関元」ともに、息を口から細く吐きながら、長めに押していきます。

「帰来」 (恥骨結合上縁中心から上方に親指幅1本さらに指3本横)

 

右図「次髎」(仙骨部第二仙骨孔(上後腸骨棘(じょうこうちょうこつきょく)の斜め下に孔があり、押すとさしこむ痛みがある)