疲労感

疲労感に対するツボ療法です。早めの手当てが肝要です。

心の疲れについては「心の疲れ」のページをご参照ください

 

1. まず、頭から疲労を取ります。

①右図「百会」 (頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部))

髪の生え際から指幅7本上または7本弱(女性は6本上)で少しくぼんでいるところを探ります。

「四神聡」 (百会の前後左右親指の幅1本)

「神」は精神の意味、「聡」は聡明の意味で、精神状態を落ち着かせることができ、自律神経のバランスが是正され、頭の感じをスッキリさせる効果があるツボです。百会の後のツボは単独で「防老」と呼ばれるツボです。

 

②次に督脈(頭の正中線)、膀胱経(頭の正中線から指二本横)、胆経(前頭部眉毛中央を上がった線)という経絡(ツボの経路)を人差し指、中指、薬指、小指の腹で押しながら、前髪際から後ろに少しずつ上がっていきます。コツは四指を少し広げ、頭のくぼみを探り、頭皮に指の腹を押しつけ、前後に揺らします。表面を揺らしますと髪が引っ張られますので注意してください。

なお、督脈、頭頂部の膀胱経、胆経の個々のツボの位置については「頭の正中線のツボ図解」ページを参照してください。

 

③次に後頭部です。

目安として、

右図b1外後頭隆起の下の線(2本)、

b2外後頭隆起の上の線、

b3外後頭隆起よりも指2、3本上の線

を中心部から側頭部に向けて探ってみてください。b2の線上には「脳戸」、「玉枕」、「脳空」というツボが並んでいます。

且つ、後頭部、側頭部を指で探るとあちこちに凹凸があります。くぼんでいて、少し痛いところを押します。これも効果的です。

 

2. 項部、肩部から疲労を取ります。

①右図「天柱」(盆のくぼの中央から指2本外側で僧帽筋腱の外縁陥凹部)

次の左右の「風池」を結んだ線より少し下側に位置します。「風池」を結んだ線には「上天柱」というツボがあり、「天柱」に劣らぬ効用があります。首を後ろに倒し、首の重みを利用して右側は左手の(左側は右手の)中指で押さえた方が効きます。

「風池」(僧帽筋腱(僧帽筋の起始部)と胸鎖乳突筋の間の陥凹部、後頭骨の骨際)

体の正中線より指3本弱外側に位置します。

「健脳」 (風池より指幅1.5本下)

指幅1本下という説もありますが、本サイトでは1.5本下とします。

「百労」 (脊柱の正中第七頸椎棘から指幅3本分上、外側指1.5本)

人によって第七頸椎棘から指幅4本分上が効く場合もあります。

「肩井」 (第七頚椎棘と肩の骨の先端(肩峰角)を結んだ中央)

第二、第三、第四指を揃えて肩上に当て、第三指(中指)が当たるところで、押すとズンとひびきます。皮膚に対して垂直に押します。

「天髎」 (肩井の斜め内側後ろ親指幅1本)

内側への斜め後ろのほうが響きます。

 

②右図「完骨」 (乳様突起下端より後上方指1本弱(骨がくぼんだところ)または乳様突起下端より後下方、陥凹部)

3. 次に背中と腰から疲労を取ります。

①右図「魄戸」 (第三、第四胸椎棘突起間脊柱の傍、指4本)

左右の肩甲棘突起内端を結んだ線上を目安にしてください。

「膏肓」(第四、第五胸椎棘突起間脊柱の傍、指4本、肩甲骨内縁、最も強い響きのあるところ)

わかりやすいとり方は、たとえば右側は、左腕を右肩から背中へ深くかけ、第三指(中指)の先で右の肩甲骨内側のふちを探りズンとひびくところです。

「神堂」 (第五、第六胸椎棘突起間脊柱の傍、指4本)

「譩譆」 (第六、第七胸椎棘突起間脊柱の傍、指4本)

左右の肩甲棘突起内端を結んだ線と肩甲骨下角(下縁)を結んだ線を4等分し、上から「魄戸」、「膏肓」、「神堂」、「譩譆」 と割り当てていくとわかりやすいと思います。肩甲骨の際の少し筋肉が盛り上がったところに取った方が効き目があります。その際、右ひじを少し上げ、前側にもっていき、肩甲骨を開いておくと取りやすくなります。

「肺兪」 (第三、第四胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

左右の肩甲棘突起内端を結んだ線上を目安にしてください。

「厥陰兪」 (第四、第五胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「心兪」 (第五、第六胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「膈兪」 (第七、第八胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「膈兪」は左右の肩甲骨下縁を結んだ線上を目安にしてください。

②右図「腎兪」 (第二、第三腰椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

背中から触れる第十二肋骨の先端を結んだ線になります。

「志室」 (腎兪の傍、指2本)

押し方としては次の方法がお勧めです。

仰向けに寝て、小さなボールを2個タオルに巻いて腰に当てます。小さなボールとしてバウンドボール(直径56mm)がお勧めです。

4. 次に足と手のツボから疲労を取ります。

①右図「脳ゾーン」(足の親指腹全体)

足の親指の表裏を親指、人差し指で挟むようにして押し込んでください。力が入らない方は指圧棒で押し込んでください。

「湧泉」(足の五指を屈し足底中央の最も隅なるところ)

②右図「足三里」(膝の外側直下の小さなくぼみから指4本分下)

③肩甲骨の脇のツボを自分で押すのは困難です。その場合の対応として、右図の足裏の第1中足骨のアーチ部分から少し外側の線を押していきます。棒状にかたくなっているはずです。踵の方まで探ってください。

④右図「労宮」(中指、薬指を折り曲げて双方の先端の当たるところの中間)

中指、薬指双方の先端の中間ではなく、中指の先端という説もありますが、ここでは中間とします。手のひらの中心は「手心」と呼ばれるゾーンで、「労宮」のまわりも含めてゆっくり押してください。気持ちも落ち着きます。