痔疾

痔核、切れ痔で、急性の軽い症状への対応です。

予防する意味で次のことに注意してください。

・便秘をしないこと(水を控えないこと)

・排便しようとして無理にいきまないこと

 

1. 一番のお勧めは右図の両足内側の踵骨上の反射区です。1~2週間で症状は軽くなるか、治癒します。

①右図「肛門の反射区」 (踵骨上後上端~下端)

踵骨上の後、上端から下端にかけて押圧してください。痔疾のときは相当痛いはずです。痛いところにピップエレキバンを貼ります。痛いところが2か所あれば、図のように並べて貼ってください。一日に何回か断続的にピップエレキバンの上から押してください。

踵骨の前の方で下端(足裏)から、肛門の反射区までの「直腸の反射区」(斜線部分)も同時に押してください。

 

2.場所が場所だけに押しにくいところですが、定番のツボです。

「長強」(尾骨の下方、尾骨端と肛門の中央)

伏臥位(うつ伏せ)または側臥位で取ります。

3. 痔になりやすい方は次の方法で腸の調子を整えてください。

指圧棒または歯ブラシの柄の先でも結構です。右足から左足へ数字の順番に押してください。次に、足裏の左右均等に抑え、抵抗または痛みがあるところを探します。その箇所に重点的に圧を掛け、抵抗が和らぐまでほぐしていきます。

2と3のラインがリスフラン関節の下、5のラインが内髁と外髁を結んだ線になります。