目の疲れ

目の疲れに対し、項番1、項番2①、②、項番4がお勧めです。

 

1. 定番の目の周りのツボです。

3秒程度押し、1秒休み、これを3回程度繰り返します。このセットを一日数回行います。「晴明」と「承泣」は強く押さないでください。軽く添える程度です。

右図「晴明」 (顔面部、内眼角の内上方と眼下内側壁の間の陥凹部)

目頭より内側やや上(3~4mm)の鼻根部の小さなくぼみで、鼻に向かって垂直に軽く押します。

「攅竹」 (眉毛内端の陥中)

親指か中指で上45度の方向に押し上げます。他の指は必ず支えに回してください。このツボの面白い効用としてしゃっくり止めがあります。  

「魚腰」(眉の中央部分の少しまぶたに下りた眼窩のきわ)

親指で上45度の方向に押し上げます。

「絲竹空」 (眉毛外端の陥中)

小刻みに押します。

「瞳子髎」 (外眼角の外方指1本弱、骨が少し陥凹するところ)

「承泣」 (眼窩下縁瞳子の直下6~7mm、縦に線上のものがある)

 

右図「太陽」 (目じりから髪の生え際に向かう間にあるこめかみの大きなくぼみ)

老眼予防にも効果のあるツボです。

「和髎」 (もみあげの後方、耳介の付け根の前方)

「太陽」、「和髎」とも押した後、目がすっきりします。側頭部の頭痛にも効くツボです。

 

2. 遠方の反射区とツボから治していきます。

①手軽にできる手のツボです。両手の中指の腹を横方向に、片方の手指の爪か、シャープペンシル(芯を出していない状態)の先でチクチクと刺激をします。中指の腹の中心線で横から見て一番高いところを「鼻」ととらえ、「目」の横の線はそれより上になります。

②右図「大骨空」 (親指を屈して第一関節背側の骨上の中点)

親指の第一関節には目に良いツボが3つあり、その一つが第一関節骨上の中点、もう一つが第一関節横紋頭尺側(「眼点」とも呼ばれる)、さらにもう一つが横紋頭橈側です。特に、親指を屈して第一関節の骨上の中点がお勧めです。緑内障、目の痛みにも良いツボです。

 

③右図「太衝」 (第一、第二中足間を圧上して指の止まるところ)

目は肝の経絡(ツボの経路)に属し、定評のあるツボです。

④右図「眼」    (耳たぶの中央)  

3.  後頭部にある定番のツボから治していきます。

①水液の流れ、血行を良くするツボです。

・右図の外後頭隆起の直下及びその左右

水液の流れを改善するお勧めのツボです。

・右図「脳戸」(外後頭隆起直上陥中)

「玉枕」 (外後頭隆起直上陥中の傍ら指2本弱外側) 

・「脳戸」より指3本上までの線上(枕上正中線)及びその傍ら(枕上旁戦)

「玉枕」より指3本下までの線上(枕下旁線)

 

②右図「風池」 (僧帽筋腱(僧帽筋の起始部)と胸鎖乳突筋の間の陥凹部、後頭骨の骨際)

体の正中線より指3本弱外側に位置します。視力改善には欠かせないツボです。

「天柱」 (盆のくぼの中央から指2本外側で僧帽筋腱の外縁陥凹部)

左右の「風池」を結んだ線より少し下側に位置します。「風池」を結んだ線には「上天柱」というツボがあり、「天柱」に劣らぬ効用があります。首を後ろに倒し、首の重みを利用して右側は左手の(左側は右手の)中指で押さえた方が効きます。 

「健脳」 (風池より指幅1.5本下)

指幅1本下という説もありますが、本サイトでは1.5本下とします。

「百労」 (脊柱の正中第七頸椎棘から指幅3本分上、外側指1.5本)

人によって第七頸椎棘から指幅4本分上が効く場合もあります。

 

4. 貝原益軒の養生訓には次のようにあります。

「年四十以上は、事なき時は、つねに目を閉じているのが良い」

視覚を通して入ってくる情報量はほかの五官からのものと比較して圧倒的に多いと言われています。目が疲れる環境にある人は定期的に目を閉じ、休ませてください。