緑内障

緑内障は眼科の治療が必須です。ここでは、それを補助するツボ療法を紹介します。緑内障を東洋医学の観点からみると眼を司る「肝経」およびそれと関連が深い「胆経」という経絡の失調で、肩こりや眼の使い過ぎによる単なる眼精疲労とは違うとらえ方をします。特に、眼に対する水液、血の代謝不良と考え、「肝経」、「胆経」のなかでもこの改善を狙ったツボを使います。加えて、全身の血行を良くするツボや眼の疾患の改善の特効穴、足の反射ゾーンを使います。長期戦になります。

 

1. まず、「肝経」、「胆経」の主要穴です。

右図「行間」 (第一、第二中足指節関節の前陥中)   

「太衝」 (第一、第二中足間を圧上して指の止まるところ)

右図「陽輔」 (外踝の上、指5本(片手)弱且つ5mm前方で腓骨の前のくぼみ)

このツボは腓骨の前縁になりますが、腓骨上も押して圧痛のある方を取ってください。

「光明」 (外踝の上、指4本+3本弱且つ腓骨の前方)

この位置の下あたり(外踝の上指5本)の圧痛も探り、治療点としてください。

2. 水液の流れ、血行を良くするツボです。

右図の外後頭隆起の直下及びその左右

「脳戸」(外後頭隆起直上陥中)と「風府」(外後頭隆起下方(指二本弱)の陥中)の間を中心に左右一帯を押し揉んでください。

右図「血海」 (大腿骨内側膝蓋骨内上角の上方指3本)

瘀血を取るツボとして有名です。

3. 特効穴です。

右図「臂臑」 (肩峰の外端で肘を上げると2つの凹みが生じ、その前の凹みより指4本下)

上肢を下ろした場合は5横指、三角筋前縁にとります。ほぼ、前脇下横紋端の水平線上です。圧痛、しこりを探して、少し長めに押します。お灸も良いです。昭和の名灸師と呼ばれた深谷先生が推奨したツボです。

右図「攅竹」 (眉毛内端の陥中)

親指か中指で上45度の方向に押し上げます。他の指は必ず支えに回してください。

4. 足の反射ゾーンです。

下左図「脳ゾーン」(足の親指腹全体)   

「目ゾーン」 (足の人差指と中指の付け根から中ほどにかけてのゾーン)

下右図の「眼球」 (足の甲側、人差指と中指の末節骨)と挟むように押し揉んでください。