老人性難聴

老人性難聴は東洋医学からみると腎虚、「持って生まれた生長・発育・生殖をつかさどるエネルギーの衰え」と言われています。難聴が発生した場合、ただ単に音が聞こえなくなっただけでなく、音は聞こえるが何を言っているのかがわからないという状態があるだけ、厄介です。衰えはいたしかたないとしても、ツボ療法はできるだけこの衰えを防ぐことを狙いとします。

 

1. 一番のお勧めです。

a (耳介を横に半折してその折れた頂点を後頭部に押しつけた髪際のかすかなくぼみ)

圧痛を探ります。

「完骨」 (乳様突起下端より後上方指1本弱(骨がくぼんだところ)または乳様突起下端より後下方、陥凹部) 

 

右図「陽維」 (耳の裏側の後下端より指先を当てて上がり、最初のくぼみ)

「陽維」はもともと耳の裏側のほぼ中央のつけ根で耳を前に引っ張ったとき、突っ張るスジが出来るところに取りますが、難聴の場合は()内のところに取ります。

右図「聾通」 (耳たぶのうしろに触れる乳様突起という骨(頭蓋骨の一部の尖ったところ)の下端から1cm下且つその1cm後)

圧痛を探ります。

「安眠」 (乳様突起の後ろ側の少しくぼんだところ)

2. 定番の耳に関連する経絡のツボから対処療法です。全て耳の周りの顔や頭にあるツボです。

右図「翳風」 (耳垂後方、乳様突起下端前方の陥凹部)

耳たぶの後ろにあり、口を開けば陥凹部が現れます。口を軽く開けた状態で押します。

「瘈脈」 (耳の上角と翳風の耳の輪郭に沿って結ぶ曲線上、翳風から1/3で乳様突起中央の陥中)

「顱息」 (耳の上角と翳風の耳の輪郭に沿って結ぶ曲線上、翳風から2/3で骨陥中)

「耳門」 (耳珠の上切痕前陥中)

「聴宮」 (耳珠中央の前の陥中)

「聴会」 (耳珠の前下方で口を開いたときの陥中)

ダイエットの耳ツボ「飢点」はこのツボより上方で耳側になります。

「耳門」、「聴宮」、「聴会」とも口を開けながら、凹んでいるところを押します。

 

簡便法として、次の摩擦法を勧めます。

① 両手の人差し指と中指でV字の形をして両方の耳を挟み、指の腹で耳の付け根の前後を上下に摩擦します。特に、上記のツボの線上です。

② 指先を後頭部に置き、両手の手のひらで両耳を塞ぎ、人差し指を中指に重ねてポンポンとはじくようにして刺激します。

 

3. 腎虚を補うとともに、足の反射区から改善します。

右図「耳ゾーン」 (足の薬指と小指の付け根から中ほどにかけてのゾーン)

「湧泉」(五指を屈し足底中央の最もくぼんだところ)

「副腎」 (湧泉の下のエリア)

右図 「太谿」 (内踝の後方、アキレス腱の前のくぼみ)