肘の痛み

1. まず、腕の前面(親指側)を酷使して、肘が痛くなった場合の対応です。テニス肘が典型的な例です。考え方としては、各部位を経路としている経絡の郄穴(急性疾患によく効くツボ)、滎穴(熱を取るツボ)、兪穴(関節の痛みを取るツボ)、特効穴を使います。以下、同じです。

右図上廉」 (腕橈骨筋という前腕外側の大きな筋肉の一番盛り上がったところ)

次の「曲池」から指4本離れたところにあります。手のひらで前腕部を下から支え、親指で押し込みます。このツボは肘痛全般に有効です。

「手の三里」 (次の「曲池」より前腕橈側指3本下)

曲池」 (肘を深く屈し、肘下横紋の外端)

肘の骨に向かって押し込みます。

 

②右図「魚際」(手掌、第一中手骨中点の橈側中央、赤白肉際陥凹部)

ここでの赤白肉際とは手掌と手背の境目です。以下同様です。その境目にくぼみがあります。

③右図「二間」(示指、第二中手指節関節橈側遠位(指先側)陥凹部、赤白肉際)

「三間」(手背、第二中指節関節橈側の近位(手首側)陥凹部)

ここでの遠位とは指先側、近位とは逆に手首側です。②、③ともにお灸(せんねん灸)を勧めます。 

 

2. 次に腕の内側(手掌側)、外側(手背側)を酷使し、肘が痛くなった場合の対応です。 

①右図「郄門」(腕関節掌側横紋の正中から肘に向け指5本)

腕関節と肘関節間の中央より、指1本手首側になります。腕関節と肘関節間の中央も探り、押します。

「内関」 (腕関節掌側横紋の正中から肘に向け指2本)

 

右図「労宮」(中指、薬指を折り曲げて双方の先端の当たるところの中間)

中指、薬指双方の先端の中間ではなく、中指の先端という説もありますが、ここでは中間とします。

「大陵」 (腕関節掌側横紋の正中にとる、多少橈側)

お灸(せんねん灸)を勧めます。

 

③右図「会宗」 (腕関節から指4本弱離れたところの尺骨の橈側縁)

圧痛を探し、強めに押します。

「外関」 (腕関節背側横紋の中心(やや小指側)から上方指2本、橈骨と尺骨の骨陥)

腕関節横紋から指で滑らせていくと皮膚のたるみで指が止まるところです。前腕を回外した状態で押します。風熱(関節の腫れ、痛み、熱感)を除く名穴です。

 

④右図「液門」 (手背、薬指と小指の間、水かきの近位陥凹部)

手背部第四と第五中手関節白肉際にとります。水かき中央より尺側の陥凹部にかけて押してください。

「中渚」(第四、第五の中手指節関節の後ろ陥みの間にある)

「中渚」の前後も探ってみてください。双方ともお灸(せんねん灸)を勧めます。

 

3. 次に腕の後面(小指側)を酷使して、肘が痛くなった場合の対応です。

①右図「養老」 (指で尺側茎状突起の頂点を押さえて手掌を回外すると指が滑り込む骨の割れ目)

②右図「前谷」(小指尺側第五中手指節関節の前陥中(遠位)、赤白肉際) 

「後渓」(手背、第五中指節関節尺側の近位陥凹部、赤白肉際)

「後𧮾」の手首側も探ってください。

 

 

③「神門」(腕横紋上で尺側手根屈筋腱の橈側(親指側)にとる)

空いている側の手の親指で次指の付け根のほうに押します。

②、③ともにお灸(せんねん灸)を勧めます。 

4. 上記の3つのケース全般に渡って、共通です。肩甲骨間のツボ「肺兪」から「膈兪」を押してみてください。著名な圧痛ある箇所を選び、ピップエレキバンを貼るかお灸(せんねん灸)を勧めます。

右図「肺兪」 (第三、第四胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

左右の肩甲棘突起内端を結んだ線上を目安にしてください。

「厥陰兪」 (第四、第五胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「心兪」 (第五、第六胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本) 

「膈兪」 (第七、第八胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「膈兪」は左右の肩甲骨下縁を結んだ線上を目安にしてください。