肝機能向上

肝機能を向上させる定番の反射区とツボです。

 

肝臓の役割は、腸で吸収されたさまざまな栄養素を代謝、貯蔵するほか、胆汁の生成や分泌及び解毒や排泄等等、いわば化学工場、貯蔵庫にたとえられています。一方、東洋医学、五行思想からみると、肝には次のような働きがあるとしています。「全身の気血の流れをスムーズにする」、「血を貯蔵し、血量を調節する」、「外からのあなどりを防ぎ、対策を考慮し、病邪に抵抗する」、「筋肉を管理し、疲労を取る」、「怒り、いらいらを鎮め、情緒や精神状態を安定に保つ」、肝っ玉とよく言われますが「計画力や決断力をつける」、「目の機能を回復する」といった働きです。

 

次のような場合、要注意です。というよりも「肝」、「腎」ともに縁の下の力持ち、身体を支えている重要な臓器です。日頃からの養生が必須です。

 

・健康診断での肝機能の値、中性脂肪の値が高い

・イライラ、怒りっぽい

・頭痛、めまい、眼痛

・認知症の場合、妄想や徘徊

・冷え(特に手足)、低体温

 

次のような場合、肝が疲れ始めています。

・疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとする。

・なかなか始めないが、始めると止まらない。結局のところ全部は終わらない。

 

1. まず、足の反射区です。

肝臓ゾーン」 (右足裏にあり、第二中足骨より第五中足骨のほとんどをカバー)

 

このゾーンは右足のみです。足の裏側で外側(第四中足骨)4センチほど下にも圧痛を感じると思いますので、念入りに押してください。この箇所は外側に向けて押します。

「胆嚢反射区」(右足の甲及び裏の第三、第四中足骨間隙の基部(足首に近い部分))

胆嚢反射区は右の足のみで、足の甲側、裏側双方にあり、特に甲側に圧痛が出ます。右足の第三指と第四指の指の股から5センチほど下になります。 

 

2. 足とおなかのツボです。

右図「行間」 (足背、第一、第二足指間、みずかきの近位、赤白肉際)   

経絡の熱を取るツボ「滎穴」と呼ばれ、頭痛、めまい、不眠、怒りっぽい、イライラ等肝の経絡の症状があらわれる名穴です。

太衝」 (第一、第二中足間を圧上して指の止まるところ)

肝の経絡の異常の有無がもっともよくあらわれる「原穴」という重要なツボです。

 

 

右図「期門

このツボの取り方は二通りあります。

a1 (第6肋間、前正中線の外方4寸(乳頭中央の下方)

WHO(世界保健機関)で定義されている位置で、「巨闕」(胸骨体下端(肋骨弓が交差する部位)から指3本分下)というツボの外方(指5本)

a2 (第9肋軟骨付着部の下縁)

旧来定義されていた位置で、乳頭線上(正中線より指幅5本外方)で肋骨下縁(第9肋軟骨付着部にあたる)のやや内側のくぼみにとります。このくぼみはみぞおちから肋骨下縁を探っていくと2番目のくぼみになります。

a1、a2の両方の反応を探り、反応のある方を選びます。

 

3. 「心包経」という経絡を使う手法です。

肝と心包の経絡は相生効果(協調、相互産生、相互利用)があります。

 

右図「労宮」(中指、薬指を折り曲げて双方の先端の当たるところの中間)

疲労には欠かせない筆頭のツボです。

中指、薬指双方の先端の中間ではなく、中指の先端という説もありますが、ここでは中間とします。

「大陵」 (腕関節掌側横紋の正中にとる、多少橈側)

「内関」 (腕関節掌側横紋の正中から肘に向け指2本)

自律神経の安定、不安や動揺の調和、胸部、心窩部の痛みや疾患に効く名穴です。

「間使」 (腕関節掌側横紋の正中から肘に向け指4本)

「郄門」 (腕関節掌側横紋の正中から肘に向け指5本)

腕関節と肘関節間の中央より、指1本手首側になります。腕関節と肘関節間の中央も探り、押します。

 

4. 脂肪肝を予防するためには食事と有酸素運動及び筋肉トレーニングを合わせた形での運動による養生が必須です。筋肉トレーニングについては「自分でできる運動療法」または「運動による養生法」を参照してください。

 

(参考文献)

・篠原昭二(2014)『補完・代替医療鍼灸改訂2版』金芳堂.

・寺澤捷年(1990)『症例から学ぶ和漢診療学』医学書院.

・南京中医学院(1976)『中国漢方医学概論』中国漢方.