股関節痛

股関節に器質的な疾患が無く、痛みがある場合の反射療法とツボ療法です。臀筋あたりに痛みがある場合も含めます。 

 

1. まず、足の反射区で治す方法です。

右図左側「股関節(外側)ゾーン」 (外踝の下)

股関節の外側の痛みに効きます。

「股関節ゾーン」は指を差し込む感じで押していきます。

「臀筋ゾーン」 (踵の外側の大部分(斜線部分))

臀筋の痛みに効きます。斜線のエリア全体を指で探っていくと痛みが増すところがあり、そこを重点的に押します。

 

右図右側「股関節(内側)ゾーン」 (内踝の下) 

股関節の内側の痛みに効きます。

2. 次に臀部、脚のツボを使って治す方法です。

①臀部のツボを使います。

右図「環跳」 (大腿骨大転子の頂点と仙骨裂孔肛を結ぶ線の大転子から1/3)

大転子から指4本内側の圧痛点に取ります。

腰部と臀部を強くすると言われ、坐骨神経痛の重要経穴でもあります。

右図「居髎」 (臀部、上前腸骨棘と大転子の頂点の中点)

上前腸骨棘は手を腰に当てたときの人差し指に当たるでっぱりです。

②脚のツボを使います。 

右図「陽陵泉」 (腓骨小頭(膝の外側、斜め下の小さな骨)の前下際)

筋肉の疾患には絶対欠かせないツボです。

右図「風市」(大腿部外側、直立して腕を下垂し、手掌を大腿部につけたとき、中指の先端が当たる腸脛靱帯の後方部、圧痛点にとる)

脚の外側の痛みに有効です。中指でゆっくりと揉みほぐすようにしてください。腸脛靱帯はやや膝を屈し、大腿をやや内旋すると現れやすくなります。

右図「崑崙」 (足の外踝の後方)

指頭で押すとひも状のぐりぐりとしたものに触れます。人差し指または中指で下方に圧力をかけ、外踝のほうに滑らせるように動かします。

 

 

 

3. かなり良くなってきているものの、ある動きをした時、またある姿勢をした時に痛みが残っている場合があります。その場合の対処法です。治療後に残る動作時の痛みは、鍼灸では「経筋」の病といわれています。この場合、痛みのあるところを流れている経絡(ツボの経路)の熱を取るツボ「滎穴」、関節の痛みを取るツボ「兪穴」と呼ばれているツボが有効です。ピップエレキバンを貼るか、せんねん灸をします。

①前面に残る痛みの場合です。

右図「内庭」 (足背、第二、第三足指間、みずかきの後縁、赤白肉際(第二、第三中足指節関節の前、外側陥凹部))

「陥谷」 (足背、第二、第三中足骨間、第二中足指節関節の近位陥凹部)

 

「内庭」、「陥谷」で効かない場合は次の「外内庭」、「外陥谷」を追加してください。篠原昭二先生が勧めているツボです。

「外内庭」 (足背、第三、第四足指間、みずかきの後縁、赤白肉際)

「外陥谷」 (足背、第三、第四中足骨間、第三中足指節関節の近位陥凹部)

 

それでも効かない場合は次のツボを加えてください。

「侠𧮾」 (足背、第四、第五足指間、みずかきの近位、赤白肉際)

「足臨泣」 (第四、第五中足骨接合部の前、足の薬指と小指の間を押し上げて止まるところ)

 

②前面、やや内側に残る痛みの場合です。

右図「大都」 (足内側、第一中足指節関節の遠位陥凹部、赤白肉際)

「太白」 (足内側、第一中足指節関節の近位陥凹部、赤白肉際) 

 

 

③内側に残る痛みの場合です。

右図「行間」 (足背、第一、第二足指間、みずかきの近位、赤白肉際)   

「太衝」 (第一、第二中足間を圧上して指の止まるところ)

4. 大臀筋、中臀筋強化の運動療法が必須です。是非「自分でできる運動療法」ページの《バランス運動と下半身の筋肉トレーニングの組み合わせ》の項を参考にしてください。痛みが治まったら、日常的に行ってください。必須です。