肩こり

肩こりを治す方法として、首、肩、背中のツボで治す方法と、手、腕、足、耳のツボや反射ゾーンで治す方法と大きく分けて2つ紹介します。患部への刺激でかえって痛みが増すケースについては後者が有効です。運動法も有効です。

 

1. まず、定番の首、肩、背中のツボです。 

右下図「肩井」 (第七頚椎棘と肩の骨の先端(肩峰角)を結んだ中央)

第二、第三、第四指を揃えて肩上に当て、第三指(中指)が当たるところで、押すとズンとひびきます。皮膚に対して垂直に押します。

 

第七頚椎棘という言葉が出てきましたので、ここで説明しておきます。第七頚椎棘は、首を前に曲げると首と背中の付け根に飛び出る椎骨で、丸く一番大きく見える骨です。棘は椎骨の後端が隆起し、突出したもの(突起)を意味します。人によっては、第六頸椎が大きく見える人もいます。その場合は、次の方法で判別します。

第七頚椎は頚椎(首の骨)の一番下で、髪の生え際から指4本下の大きな椎骨です。次の胸椎(背骨)の一番上との違いは首を縦横振ってみると動くのが頸椎、動かないので胸椎です。また、首を後ろに倒すと奥に引っ込むのが頸椎です。動く椎骨と動かない頸椎の間のくぼみが他に比べて一番大きいのも特徴です。このくぼみが、後で出てくる大椎というツボです。その下の椎骨、第一胸椎の下になりますが、陶道というツボになります。

 

「天髎」 (肩井の後ろ指1本))

内側への斜め後ろのほうが響きます。

「肩中兪」(大椎穴の外方指3本離れたところ)

「肩外兪」(陶道穴の外方指4本離れたところ)

肩甲骨内側の上の角のわき(背骨側)にとります。「肩井」、「大椎」、「肩中兪」はほぼ横に並びます。

「天柱」 (盆のくぼの中央から指2本外側で僧帽筋腱の外縁陥凹部)

次の左右の「風池」を結んだ線より少し下側に位置します。「風池」を結んだ線には「上天柱」というツボがあり、「天柱」に劣らぬ効用があります。首を後ろに倒し、首の重みを利用して右側は左手の(左側は右手の)中指で押さえた方が効きます。

「風池」 (僧帽筋腱(僧帽筋の起始部)と胸鎖乳突筋の間の陥凹部、後頭骨の骨際)

体の正中線より指3本弱外側に位置します。

「健脳」 (風池より指幅1本下)

「百労」 (脊柱の正中第七頸椎棘から指幅3本分上、外側指1.5本)

人によって第七頸椎棘から指幅4本分上が効く場合もあります。

 

精神的な疲れは肩甲間部に症状が出ます。腕を前で交叉し、肩甲骨を開いておくと取りやすくなります。

右図「魄戸」 (第三、第四胸椎棘突起間脊柱の傍、指4本)

左右の肩甲棘突起内端を結んだ線上を目安にしてください。

「膏肓」(第四、第五胸椎棘突起間脊柱の傍、指4本、肩甲骨内縁、最も強い響きのあるところ)

わかりやすいとり方は、たとえば右側は、左腕を右肩から背中へ深くかけ、第三指(中指)の先で右の肩甲骨内側のふちを探りズンとひびくところです。

「神堂」 (第五、第六胸椎棘突起間脊柱の傍、指4本)

「譩譆」 (第六、第七胸椎棘突起間脊柱の傍、指4本)

左右の肩甲棘突起内端を結んだ線と肩甲骨下角(下縁)を結んだ線を4等分し、上から「魄戸」、「膏肓」、「神堂」、「譩譆」 と割り当てていくとわかりやすいと思います。肩甲骨の際の少し筋肉が盛り上がったところに取った方が効き目があります。

「肺兪」 (第三、第四胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

左右の肩甲棘突起内端を結んだ線上を目安にしてください。

「厥陰兪」 (第四、第五胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「心兪」 (第五、第六胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「膈兪」 (第七、第八胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「膈兪」は左右の肩甲骨下縁を結んだ線上を目安にしてください。

 

時として、肩の全面に疲れが出ます。その際のツボです。中指で軽く押圧してください。

右図「欠盆」 (乳頭線上(前正中線の外方指5本(鎖骨の中央))で鎖骨上方の陥凹部)

陥凹部の中心を、指を小さめに回して探ってください。

 

「気戸」(前胸部、前正中線の外方指5本、鎖骨下縁の陥凹部)

鎖骨の真ん中で鎖骨の下縁にあるくぼみの中の圧痛点に取ります。

「中府」 (鎖骨の外端の下方の陥凹部から指1本半下)

 

肋骨にそって体の奥深く指を入れ込み、ゆっくりと押します。上肢の内側に響きます。

 

2. 次に手、腕のツボで補完する方法です。

右図「肩点」 (人差し指の側面、掌指関節の側面)

掌指関節は手を握った時に骨が出ているところ、人差指の付け根から約1cm下にあります。親指でやや強めに押しもみます。

「合谷」 (第一、第二中手骨の基底部の前陥凹部にとる。やや人差し指側)

心拍数が低下し、気持ちも和らぎます。

右図「手の三里」 (次の「曲池」より前腕橈側指3本下)

「曲池」 (肘を深く屈し、肘下横紋の外端)

横紋が2本ある場合は、肘頭のほうに引っ張ると目安の線がわかります。 最初は弱く、次第に強く、腕の中心、または外向けに押します。

 

 

3. 胸鎖乳突筋近辺のツボも肩こり、首こりに効果があります

右図「天容」 (前頸部、下顎角と同じ高さ、胸鎖乳突筋前方の陥凹部)

「天牖」 (前頸部、下顎角と同じ高さ、胸鎖乳突筋後方の陥凹部)

「天窓」 (喉頭隆起と同じ高さで胸鎖乳突筋の後縁) 

「扶突」 (前頸部、喉頭隆起上縁と同じ高さ、胸鎖乳突筋の前縁と後縁の間(中央))

「人迎」 (前頸部、甲状軟骨上縁(のどぼとけ)と同じ高さ、胸鎖乳突筋の前縁、総頸動脈上)

甲状軟骨上縁(のどぼとけ)と同じ高さにあり、胸鎖乳突筋の前縁が人迎、中央が扶突、後縁が天窓です。)

c (天窓の下、胸鎖乳突筋の後縁)

人差し指、中指、薬指の3本で軽く押します。

 

これらのツボは、顔を横に向け胸鎖乳突筋を浮き出させた状態で、人差し指、中指(をツボに当てて)、薬指の3本の指を揃えて、軽く押します。胸鎖乳突筋近くのツボは刺激が強いので長押しは避けてください。特に胸鎖乳突筋の前縁のツボです。3~5秒押しを繰り返してください。

 

4. 次に足の反射区で治す方法です。

右図「僧帽筋」 (足裏の人差し指から小指までの指の付け根から中足指節関節までの青色で示したゾーン)

人差し指から小指のほうに押し揉んでください。力が入らない場合は指圧棒を使ってください。

5. 次は耳ツボで治す方法です。

耳の外縁で耳輪と対輪に挟まれたくぼみ(舟状窩)の下方です。親指を後ろ側に当て人差し指で挟み、押し揉みます。ほんの少し後下方に引っ張りながら揉みます。

 

 

 

6. ストレッチも有効です。左右の肩を片方ずつ挙上してみます。肩を拳上し、気持ちが良いところで2~3秒保ちストンと脱力します。左右に差がある場合は、気持ちの良い方を2~3回繰り返します。その後、両方の肩を3~5回繰り返します。

もし、ほかの方のサポートが得られるならば次の方法が有効です。施術を受ける方(a)は床にすわり、手(指)を頭上で組みます。相手の方(b)はaの背中にbの腰(横)を当て、aの組んだ手をbの上腕で持ち上げます。そのときaは腰を自らは浮かしません。3~5秒持ち上げたまま保ち、aもbも脱力します。肩の緊張が一挙に緩みます。3回ぐらい繰り返します。ただし、この方法の欠点は肩関節が痛い方や肩を挙げられない方はできません。

 

7. 首から背中、特に肩甲骨の高さのコリの改善、また、円背(えんぱい、猫背)矯正の体操です。慢性的な肩こりがある方には是非勧めたい体操です。

①立つか、椅子に座った状態で、肘を曲げたまま上肢を挙上し、先に肘を前に出し、次に背中をそらすように上肢を後ろに回します。肘を前に出したときはできるだけ肩甲骨間を広げ、肘を横に回したときはできるだけ肩甲骨間を狭めます。肘を前に出したときは小指を手前に手背を合わせ、肘を横に回したときは手のひらを外向けにした方が肩甲骨の可動域が広がります。これを5~10回行います。

 

②同じように立つか、椅子に座った状態で、肩を後屈し肘を曲げたまま、上肢を挙上し、次に下ろします。この動作を繰り返します。上肢を挙上したときは手のひらを内側に向け、下ろしたときは手のひらを外に向けた方が肩甲骨の可動域が広がります。これを5~10回行います。 

 

③立った姿勢で腕は下ろしておきます。まず、肩を後屈します。肩を後屈したまま、腕を挙げていきます。挙げることができるまでです。痛みがある場合はそこで止めます。そして、肩を後屈したまま下げます。この動作を5~10回繰り返します。肩を後屈したまま動かすのがポイントです。

 

④肩の先端に手指を当て、肩を後方に、左右交互にぐるぐる回します。回数は20回程度です。鵜沼宏樹先生が推奨している仰泳法という気功法です。

次に左右一緒に前方に20回程度回します。次は後方に20回程度回します。