脂漏性皮膚炎、ニキビダニ

ビラン、アフタ、水泡がなく、赤みを伴う湿疹で特に鼻の頭や小鼻にできます。脂漏性皮膚炎、ニキビダニが考えられ、本ページはその対処方法です。

 

1. 洗顔で皮脂を取り除くことが基本です。脂漏性皮膚炎、ニキビダニ等共通です。 

・石鹸は低刺激性のものをお使いください。

・手で泡だてて、初期の段階は患部に泡をそっと塗ります。

・炎症が治まってきた段階になりましたら、泡で丁寧に皮脂を取り除くイメージで洗います。洗い方は試行錯誤しながらご自分に合った方法をマスターしてください。洗いすぎも洗い足りないのも良くありません。

・手で水をすくい、患部の石鹸を完全に流します。

・患部をタオルで擦らないでください。

・熱いお湯をかけないでください。

・石鹸を使った洗顔を一日1回にするか2回にするかは様子を見ながら選択してください。患部だけでも一日2回を勧めます。

 

2. 脂漏性皮膚炎のツボ療法です。

①まず、足のツボです。

右図a1「湧泉」 (足の五本の指を内側に曲げた時にできる凹んだところ)

a2「副腎ゾーン」 (「湧泉」の真下)

特に「副腎ゾーン」は大事です。

②次に手のひらのツボです。

b1「腎穴」 (手掌側で小指の指先側、第一関節の横しわ中央)

ホルモンバランスをとります。ピップエレキバンを張り、気長に治す必要がありますが、顔全体の肌荒れも改善します。

b2「肺穴」 (手掌側で薬指の指先側、第一関節の横しわ中央)も合わせることで有効性が高まります。

 

③次に右図の「合谷」というツボです。親指と人指しの中手骨の基底部の前陥凹部にとります。やや人差し指側、探ってみると細い筋があります。再発防止のためのツボです。

④右図の耳のツボもおすすめです。

右図c1「内分泌」 (耳の穴の下にある切れ込みの内側の底)

小さな平らな丘になっているところで、人差し指と親指ではさんで押します。ホルモンバランスを取ります。

c2「腎上腺」 (耳穴の前にある膨らみ部分(耳珠)のすぐ下、目安として耳珠の頂点が一つの方は耳珠の下1/3、頂点が2つある方は下の方の頂点上にとる)

「副腎」とも言います。このツボの効果は副腎ホルモンの調整です。

c3「上肺」、「下肺(かはい)」(耳甲介腔(耳の穴につながる大きなくぼみ)の中央の上下)

このツボは 新陳代謝、血行、排泄を促進し、ダイエットのほか、風邪、便秘、肌のかゆみ等への幅広い効果があります。

これらの耳ツボへの刺激を簡単にまとめてやる方法です。耳甲介腔の中央や耳孔に中指の先端を当て、親指を耳の後ろから挟むようにして軽くもみ、「腎上腺」や「内分泌」を越したあたりで軽擦しながら下の方にほんの少し引っ張ります。

 

2. 鼻の頭や小鼻の湿疹の場合、ニキビダニ、手さ、毛嚢炎の可能性もあり、皮膚科の診断と治療が必要になります。再発しやすく、再発防止のために項番1の洗顔とともに次のツボが有効です。一日5~6回以上頻繁に押してください。

①お勧めのツボです。爪の生え際(爪体の角から2mm弱)です。d1「少商」、d2「商陽」、d3「中衝」、d4「関衝」、d5「少衝」、d6「小沢」を刺激します。内側から「内」、「内」、「内」、「外」、「内」、「外」と覚えるとよいと思います。これらのツボは井穴と呼ばれます。ツボは左側の図の○印に位置し、赤線のところを親指の爪の先端を使って断ち切るように押すか、チクチクと数回押します。特にd1「少商」、d2「商陽」がよく効きます。

 

②次のツボも有効です。

右図「迎香」 (鼻唇溝中(法令線上)、鼻翼(小鼻)外縁中点と同じ高さ)

①のツボとあわせて押してください。