脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の痛みを取るために足の薬指から脚の外側、腰にかけて胆経という経絡を使います。

 

1. 足の薬指の指節骨、中手骨をしっかり揉んでください。

①薬指を斜めに足先に向けて揉みながら伸ばしてください。

 

②次のツボを押し揉んでください。次のツボを押し揉んでください。 

「侠𧮾」 (足背、第四、第五足指間、みずかきの近位、赤白肉際)

「足臨泣」 (第四、第五中足骨接合部の前、足の薬指と小指の間を押し上げて止まるところ)

 

2. 足の外側のツボを押し揉んでください。

「環跳」 (大腿骨大転子の頂点と仙骨裂孔を結ぶ線の大転子から1/3)

大転子から指4本後方の圧痛点に取ります。坐骨神経痛、股関節痛にも必須で、腰部と臀部を強くするツボです。

「居髎」 (臀部、上前腸骨棘と大転子の頂点の中点)

上前腸骨棘は手を腰に当てたときの人差し指に当たるでっぱりです。股関節痛には必須です。

「風市」 (大腿部外側、直立して腕を下垂し、手掌を大腿部につけたとき、中指の先端が当たる腸脛靱帯の後方部、圧痛点にとる)

大腿部の外側は相当痛いので、軽く押しながら圧痛点を探ります。

「陽陵泉」 (腓骨小頭(膝の外側、斜め下の小さな骨)の前下際)

古来、「筋会」と呼ばれ、筋の病に使います。

「陽交」 (下腿外側、腓骨の方、外踝の頂点と膝下横紋外側とを結ぶ線上の中点から指1本強下方)

「外丘」 (下腿外側、腓骨の方、外踝の頂点と膝下横紋外側とを結ぶ線上の中点から指1本強下方、陽光の前) 

「光明」 (外踝の上、指4本+3本弱且つ腓骨の前方)

「陽輔」 (外踝の上、指5本(片手)且つ5mm前方で腓骨の前のくぼみ)

このツボは腓骨の前縁になりますが、腓骨上も押して圧痛のある方を取ってください。

「懸鐘」 (外踝の上指4本、腓骨前縁に取る) 

古来、骨髄の精気が集まるツボとして有名です。腓骨後縁も押して圧痛のある方を取ってください。 

 

 

3. 次に踵全体、外踝の下、腓骨に沿った線が対象です。

右図「骨盤部ゾーン」 (外側の踵の大部分)

斜線部分全体を揉んでください。特に外踝の下、斜め下をしっかり揉んでください。痛いですが…。 圧痛点(例えば赤丸)を狙ってのお灸を勧めます。または、近辺も含めて3カ所ぐらいピップエレキバンを貼ります。よく効きます。

右図「大腿部(外側)ゾーン」 (腓骨上)

腓骨上の圧痛点を探り、お灸をするかピップエレキバンを貼ります。