脳の疲れ

脳の疲れは、脳が緊張した状態や不安が長く続くことによって起こり、疲労困憊といった状況になります。イライラして感情のコントロールができなくなったら、要注意です。
この状況を改善すべく、脳の血流を改善し、むくみをとるツボ、反射区に手当てをしていきます。「聴息法」という気功法も加えます。

 

《豆知識》

・デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)とは、内側前頭前野、後帯状皮質、楔前部、下頭頂小葉などから構成される脳回路で、意識的な活動をしていないときに働きます。ボーとしているときでも、いろいろな雑念が「浮かんでは消え」を繰り返しています。

・DMNのエネルギー消費量は、脳の全エネルギー消費の60~80%を占めており、脳のアイドリング中に浮かんでいる雑念こそが、脳疲労の最大要因の一つであると言われています。

・雑念を抑えることで脳を休ませるというのが、マインドフルネス瞑想の基本メカニズムです。

・「あのとき、ああしておけばよかった」というネガティブな思考の反復、いわゆる「反芻思考」も脳の疲労に直結します。

・一方、DMNは過去の記憶の呼び出しや将来の展望を描いたりするのに重要な働きをしているとみられています。

 

(豆知識の参考文献)

・久賀谷亮(2016)『世界のエリートがやっている 最高の休息法』ダイヤモンド社

・池谷裕二監修(2015)『脳と心のしくみ』新星出版社.

 

1. まず、頭のツボで脳の血流改善をします。

①右図「百会」 (頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部))

髪の生え際から指幅7本上または7本弱(女性は6本上)で少しくぼんでいるところを探ります。

「四神聡」 (百会の前後左右親指の幅1本)

「神」は精神の意味、「聡」は聡明の意味で、精神状態を落ち着かせることができ、自律神経のバランスが是正され、頭の感じをスッキリさせる効果があるツボです。百会の後のツボは単独で「防老」と呼ばれるツボです。

 

②次に右図督脈(頭の正中線)、膀胱経(頭の正中線から指二本横)、胆経(前頭部眉毛中央を上がった線)という経絡(ツボの経路)を人差し指、中指、薬指、小指の腹で押しながら、前髪際指2本下から後ろに少しずつ上がっていきます。コツは四指を少し広げ、頭のくぼみを探り、頭皮に指の腹を押しつけ、前後に揺らします。表面を揺らしますと髪が引っ張られますので注意してください。

特に督脈、前髪際指2本下から前髪際までの線(正中線から外側に向けて額中線、額旁Ⅰ線、額旁Ⅱ線、額旁Ⅲ線)を念入りに押してください。脳活性化を狙います。

なお、督脈、頭頂部の膀胱経、胆経の個々のツボの位置については「頭の正中線のツボ図解」ページを参照してください。

 

③もうひとつ額から頭頂部にかけての療法で紹介したいのは、宮崎県日南市から山元敏勝先生が世界に発信している山元式頭鍼療法のひとつです。六臓六腑、脳(大脳、小脳、脳幹)、眼、鼻、口、耳の全体をケアするツボを使います。本来は鍼を使うツボですが、本ページでは指圧を使います。

額から頭頂部に向けて、正中線の外方指1本のところを圧痛を探りながら押していきます。

ツボの場所は次の通りです。

・正中線両側1cmに位置し、生え際から頭頂に向けて、腎、膀胱…大腸まで1cmごとに配置されます。

・生え際から頭頂に向けて2~3cm、両側1cmのエリアに脳幹、大脳、小脳が配置されます。

・正中線から1cmの両側、生え際から額に向け2cm下から1cmごとに眼、鼻、口と配置されます。

・鼻点の両側約2cmに耳が配置されます。

・眉頭より1cm上、上方外側15度の角度で2cmに胸部が配置されます。

 

(本項の参考文献)

・加藤直哉・冨田祥史 (2019)『山元式新頭鍼療法の実践』山元敏勝監修 三和書籍.

 

④後頭部、側頭部を指で探るとあちこちに凹凸があります。くぼんでいて、少し痛いところを押します。これも効果的です。特に、耳介の尖がった先から指2本上で指2、3本分ほど後方のくぼみがあるところ(ラムダ縫合上)を念入りに押して下さい。

 

⑤次に右図側頭部の2本の線を押していきます。頭鍼で使用する頂顳前斜線と頂顳後斜線という線です。コツは上述と同じです。

頂顳前斜線:「懸釐」(もみあげを上にたどり、眉の高さより少し上)~「前頂」 (「百会」の指2本前)の線

頂顳後斜線:「曲鬢」(もみあげ後縁の垂線と耳尖の水平線の交点)~「百会」(頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部)の線

 

⑥次に後頭部の横の線です。

目安として、

右図b1外後頭隆起の下の線(2本)、

b2外後頭隆起の上の線、

b3外後頭隆起よりも指2、3本上の線

を中心部から側頭部に向けて探ってみてください。b2の線上には「脳戸」、「玉枕」、「脳空」というツボが並んでいます。

 

⑦右図の胆経という経絡上もお勧めです。耳介の付け根の後縁から指2本(~2本弱)離れた孤の線上でくぼんでいるところを探ってください。「率谷」、「天衝」、「浮白」、「頭の竅陰」というツボがあります。これらのツボを目安にしてください。

右図「率谷」 (耳尖の直上、指2本)

「天衝」 (耳介の付け根の後縁の直上と率谷と同じ高さの交点)

「浮白」 (頭部、乳様突起の後上方、天衝と完骨(項番1)を結ぶ(耳の輪郭に沿った)曲線上、天衝から1/3) 

「頭の竅陰」 (頭部、乳様突起の後上方、天衝と完骨(項番1)を結ぶ(耳の輪郭に沿った)曲線上、天衝から2/3)

 

⑧右図「完骨」 (乳様突起下端より後上方指1本弱(骨がくぼんだところ)または乳様突起下端より後下方、陥凹部)

右図「太陽」 (目じりから髪の生え際に向かう間にあるこめかみの大きなくぼみ)

2. 項部のツボで脳の血流改善をします。

右図「風池」 (僧帽筋腱(僧帽筋の起始部)と胸鎖乳突筋の間の陥凹部、後頭骨の骨際)

体の正中線より指3本弱外側に位置します。

「風府」 (外後頭隆起下方(指二本弱)の陥中)

「風池」と同じ高さになります。

「天柱」 (盆のくぼの中央から指2本外側で僧帽筋腱の外縁陥凹部)

左右の「風池」を結んだ線より少し下側に位置します。「風池」を結んだ線には「上天柱」というツボがあり、「天柱」に劣らぬ効用があります。

首を後ろに倒し、首の重みを利用して右側は左手の(左側は右手の)中指で押さえた方が効きます。

「健脳」 (風池より指幅1.5本下)

指幅1本下という説もありますが、本サイトでは1.5本下とします。ツボの名前通り健脳を狙います。

「百労」 (脊柱の正中第七頸椎棘から指幅3本分上、外側指1.5本)

人によって第七頸椎棘から指幅4本分上が効く場合もあります。

3. 次に足と手の反射区、ツボです。

右図「脳ゾーン」(足の親指腹全体)

親指の腹の頭部、人差し指側の側部も含めて押し揉んでください。手の拇指の腹または示指の横で押し揉みます。力が入らない方は指圧棒で押し込んでください。

「腹腔神経叢」 (「湧泉」(足の五本の指を内側に曲げた時にできる凹んだところ)というツボを中心に第一中足骨と第二中足骨の間から、第三中足骨と第四中足骨の間までの範囲) 

太陽神経叢ともいいます。特に、親指と人差し指のまたから踵方向に4cm下がったふくらみの稜線上、そして、そこから拇指球の下の窪みまでの箇所が効きます。

「湧泉」 (足の五本の指を内側に曲げた時にできる凹んだところ)

 

右図「合谷」 (第一、第二中手骨の基底部の前陥凹部にとる。やや人差し指側)

4. 聴息法です。お勧めの瞑想法です。

気功法のひとつです。呼吸を意識します。 

①夜寝床の中で、身体、特に顔をリラックスします。目は閉じます。

椅子に座った状態でも結構です。背筋を軽く伸ばし、背もたれから離します。

②吐く息を意識します(聴きます)。

③時間にして5分ぐらいです。

④最初は腹式呼吸、胸式呼吸、鼻で吐く等はどちらでも構いませんが、自然に腹式呼吸で、口を小さく空けて吐くようになり、吐く息が長くなります。

⑤雑念が浮かんできたら、注意を呼吸に戻します。雑念が生じて当然です。

 

5. あくびも疲れを取るのには有効です。やり方は簡単です。①椅子にすわり、②首を後ろに倒し、③顔の筋肉をすべて緩め、④口をぽかんとあけます。自然にあくびが出ます。