腰背部の疲れ

腰背部の疲れには主に「膀胱経」の経絡(ツボの経路)を使い、「胆経」や足の反射区等で補完します。

 

1. 殿部のツボです。

ご自身でやる場合、2本のツボ押し棒を両手に持ち、押します。痛気持ちよいところで止めてください。

①右図「腎兪」 (第二、第三腰椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

背中から触れる第十二肋骨の先端を結んだ線になります。

「志室」 (腎兪の傍、指2本)

「気海兪」(第三、第四腰椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「大腸兪」(第四、第五腰椎棘突起間脊柱の傍指2本、腸骨の上端の高さ)   

「腰眼」 (第四、第五腰椎棘突起間脊柱の傍、指4本強、腸骨の上端の高さ)

 

 

②右図臀裂(いわゆるおしりの割れ目)から指4本横を上から3、4箇所押します。

「胞肓」(殿部、第2仙骨孔と同じ高さ、正中仙骨稜の外方指4本(次髎の外方指4本))

「次髎」 (仙骨部第二仙骨孔(上後腸骨棘(じょうこうちょうこつきょく)の斜め下に孔があり、押すとさしこむ痛みがある)

「環跳」 (大腿骨大転子の頂点と仙骨裂孔肛を結ぶ線の大転子から1/3)

大転子から指4本内側の圧痛点に取ります。腰部と臀部を強くすると言われています。

「承扶」 (殿部、殿溝の中点)

 

2. 脚のツボです。

①右図「殷門」 (おしりにできるしわの中央から指4本+4本下)

「承扶」と次の「委中」を結ぶ線の中点より親指幅1本上です。棒状の張り、凝りを目安とします。

「委中」 (膝窩横紋の正中)

「腰背の病は委中に求む」といわれる名穴です。膝を曲げてとることがコツです。中指を「委中」に当て、初めは軽く押し、次第に強めます。

「承筋」 (「委中」(膝窩横紋の正中)より指4+3本下) 

腓腹筋の最も盛り上がったところに取ります。

「承山」 (膝裏の横筋(横紋)と外くるぶしの先端と同じ高さのアキレス腱を結んだ中間)

外くるぶしの先端に手の中指を当て、手を広げ親指が当たったところで中間の見当をつけます。腓腹筋の両頭間でアキレス腱を圧上して指の止まるところです。

 

②右図「陽陵泉」 (腓骨小頭(膝の外側、斜め下の小さな骨)の前下際)

「崑崙」(足の外踝の後方)

指頭で押すとひも状のぐりぐりとしたものに触れます。人差し指または中指で下方に圧力をかけ、外踝のほうに滑らせるように動かします。

 

③右図「風市」 (大腿部外側、直立して腕を下垂し、手掌を大腿部につけたとき、中指の先端が当たる腸脛靱帯の後方部、圧痛点にとる)

中指でゆっくりと揉みほぐすようにしてください。腸脛靱帯はやや膝を屈し、大腿をやや内旋すると現れやすくなります。「風市」の位置より5~10cmぐらい上でさらに後方のエリア(右図斜線部分)にも強い圧痛を感じる場合もあります。

3. 足裏の反射区とツボを押します。

①右図「腹腔神経叢」 (「湧泉」(足の五本の指を内側に曲げた時にできるくぼんだところ)というツボを中心に第一中足骨と第二中足骨の間から、第三中足骨と第四中足骨の間までの範囲(斜線で囲んだところ))

太陽神経叢ともいいます。特に、親指と人差し指のまたから踵方向に4cm下がったふくらみの稜線上、そして、そこから拇指球の下のくぼみまでの箇所が効きます。自律神経を整え、代謝を促進します。

 

②右図「湧泉」(五指を屈し足底中央の最もくぼんだところ)

「副腎」の反射区 (湧泉の下のエリア)

「腎臓」の反射区 (副腎の下のエリア、足裏の第二、第三中足骨の近位端でリスフラン関節線の上)

「胃ゾーン」 (土踏まずの上、親指の付け根の下のふくらみ(拇指球)の下部)

「膵臓ゾーン」 (拇指球の3cmぐらい下のリスフラン関節上、斜線部分)

「十二指腸ゾーン」(足裏第一中足骨の基部、小腸ゾーンの上)

「肝臓ゾーン」 (右足裏にあり、第二中足骨より第五中足骨のほとんどをカバー)

このゾーンは右足のみです。

特に、薬指から4センチほど下に圧痛を感じると思いますので、念入りに押してください。この箇所は外側に向けて押します。

 

③右図「脊椎ゾーン」 (足裏の青と緑の線で示す内側のアーチの部分)

・左右の拇指を重ねていったん押し込んで、踵のほうに流します。

・病んでいるときは丸い小さなかたまり、また平板状の硬さ、引っかかりを感じます。軽く押さえても痛いはずです。その状況がなくなるまで、また痛みが止まるまで柔らかくそして長めに(15秒ぐらい)押します。数分、繰り返して行うと痛みが和らぐはずです。

・腰に重だるい痛みがある場合は、アーチのある部分に小さなかたまりを感じます。そのかたまりが柔らかくなるまで軽く押し揉んでください。10分程度かかる場合もあります。

・軽症のヘルニアの場合でも、予防的な目的で毎日施術すると症状が軽減、またはなくなります。 

・頸椎・・・親指の基節全体

 胸椎・・・第一中足骨内側

 腰椎・・・第一楔状骨から舟状骨の3分の1あたりまで

 仙骨・・・舟状骨の端から距骨まで 

 

4. 慢性的な座骨神経痛や股関節痛(特に外側)、下肢外側痛(張り・疲労)がある方、脚の機能回復を図らなければならない方は次の脚の外側、胆経という経絡のツボを押すことを付け加えて下さい。

他の人に施術する場合の留意点です。

・受ける方は、側臥位になり、受ける方の脚を上にしてくの字に折り曲げます。

・殿部から大腿部は後ろに座ったほうが、下腿部は前に座ったほうが自然な形で力が入ります。

 

「環跳」 (大腿骨大転子の頂点と仙骨裂孔肛を結ぶ線の大転子から1/3)

大転子から指4本後方の圧痛点に取ります。坐骨神経痛、股関節痛には必須で、腰部と臀部を強くするツボです。

「居髎」 (臀部、上前腸骨棘と大転子の頂点の中点)

上前腸骨棘は手を腰に当てたときの人差し指に当たるでっぱりです。股関節痛には必須です。

「風市」 (大腿部外側、直立して腕を下垂し、手掌を大腿部につけたとき、中指の先端が当たる腸脛靱帯の後方部、圧痛点にとる)

脳卒中後遺症の治療穴でも使うツボです。大腿部の外側は相当痛いので、軽く押しながら圧痛点を探ります。

「陽陵泉」 (腓骨小頭(膝の外側、斜め下の小さな骨)の前下際)

古来、「筋会」と呼ばれ、筋の病に使います。

「陽交」 (下腿外側、腓骨の方、外踝の頂点と膝下横紋外側の線上の中点から指1本強下方)

「外丘」 (下腿外側、腓骨の方、外踝の頂点と膝下横紋外側の線上の中点から指1本強下方、陽光の前) 

「光明」 (外踝の上、指4本+3本弱且つ腓骨の前方)

膝関節に力が入らないときや目のうるおいを促すツボです。

「陽輔」 (外踝の上、指5本(片手)且つ5mm前方で腓骨の前のくぼみ)

このツボは腓骨の前縁になりますが、腓骨上も押して圧痛のある方を取ってください。関節痛や緑内障のツボとして有名です。

「懸鐘」 (外踝の上指4本、腓骨前縁に取る) 

古来、骨髄の精気が集まるツボとして有名です。腓骨後縁も押して圧痛のある方を取ってください。膝痛にも定評があります。