膝痛

膝は日常的に使わざるを得ず、膝痛の緩解は容易ではありません。

しかし、気長に毎日手当てをしていけば、痛みは和らぐか、無くなります。

 

1. 急性の場合は、右図の青い線上の痛いところを親指の屈伸で刺激を与えます。反射療法では、足の外踝から四指をそろえた幅の高さで腓骨上のところですが、時として、外踝の直上の場合もありますから、線上で痛いところを探ってください。ピップエレキバンを貼ることも有効です。慢性の場合は、右図の外踝の下の踵のふちをもんでください。踵のほうから指側に向けて押し揉みます。立法骨と踵骨の下側の扇形のところ(右図点線内)も探ってください。こちらのほうに圧痛があれば、重点的に押し揉んでください。

  

2. 膝の内側に痛みがある場合、右図の足の内踝より指4本上で脛骨上、特に前寄り、さらにその下も探ってみてください。ここに圧痛があれば押し揉んでください。

3. 足のツボをいくつかご紹介します。

まず膝の周りのツボです。膝の痛みには定評のあるツボです。お勧めです。但し、膝が腫れて、痛いときは触らないでください。

右図「犢鼻(外膝眼)」 (膝の前面で膝の下にできるくぼみの外側)、「内膝眼」 (膝の前面で膝の下にできるくぼみの内側)

ピップエレキバンを貼ってください。お灸もお勧めです。せんねん灸が手軽です。1壮から2壮です。熱い場合はすぐ取り除くことがコツです。水疱になることを防ぐためです。

右図「陽陵泉」 (腓骨小頭(膝の外側、斜め下の小さな骨)の前下際)

筋肉の疾患には絶対欠かせないツボです。
「足三里」 (膝の外側直下の小さなくぼみから指4本分下)

   

右図 「委中」 (膝窩横紋の正中)

膝を曲げて膝窩横紋の正中に指を横に動かしながら硬いところを探ります。

膝の内側の痛みに有効です。

右図「血海」 (大腿骨内側膝蓋骨内上角の上方指3本)

「陰陵泉」 (脛骨内側踝の下縁の陥中)

脛骨内側を膝に向かって擦上すると骨の湾曲部に至って止まるところにとります。 「血海」は下半身の血液循環の促進、「陰陵泉」は下半身の水分の滞留を除く名穴です。

足裏のツボも有効です。

右図「失眠」 (踵の中央)

不眠には定番のツボですが、ひざにも有効です。

このツボはげんこつで軽く叩いて刺激をします。

4. かなり良くなってきているものの、ある動きをした時、またある姿勢をした時に膝の痛みまたはこわばりが残っている場合があります。その場合の対処法です。治療後に残る動作時の痛みは、鍼灸では「経筋」の病といわれています。この場合、痛みやこわばりのあるところを流れている経絡(ツボの経路)の熱を取るツボ「滎穴」、関節の痛みを取るツボ「兪穴」と呼ばれているツボが有効です。ピップエレキバンを貼るか、せんねん灸をします。

①前面に残る痛みの場合です。

右図「内庭」 (足背、第二、第三足指間、みずかきの後縁、赤白肉際(第二、第三中足指節関節の前、外側陥凹部))

「陥谷」 (足背、第二、第三中足骨間、第二中足指節関節の近位陥凹部)

 

「内庭」、「陥谷」で効かない場合は次の「外内庭」、「外陥谷」を追加してください。篠原昭二先生が勧めているツボです。

「外内庭」 (足背、第三、第四足指間、みずかきの後縁、赤白肉際)

「外陥谷」 (足背、第三、第四中足骨間、第三中足指節関節の近位陥凹部)

 

それでも効かない場合は次のツボを加えてください。

「侠𧮾」 (足背、第四、第五足指間、みずかきの近位、赤白肉際)

「足臨泣」 (第四、第五中足骨接合部の前、足の薬指と小指の間を押し上げて止まるところ)

 

②内側に残る痛みの場合です。

右図「大都」 (足の母指内側第一中足指節関節の前陥中)

「太白」 (足内側、第一中足指節関節の近位陥凹部、赤白肉際)

「公孫」 (足内側、第一中足骨底の前下方、赤白肉際)

「公孫」は滎穴、兪穴ではありませんが、有効です。 

 

次のツボも有効です。特にイライラが伴っている場合です。

右図「行間」 (足背、第一、第二足指間、みずかきの近位、赤白肉際)   

「太衝」 (第一、第二中足間を圧上して指の止まるところ)

5. 筋肉トレーニングも膝痛の予防に最適です。「自分でできる運動療法」ページの《筋肉が弱い方向けの下半身の強化》の項、または、膝痛予防運動を参考にしてください。女性は男性に比べて筋肉が弱いため、膝痛になる人が多く、筋肉トレーニングは必須です。特に、大腿四頭筋の強化です。