自律神経を整える

自律神経のバランスを改善します。季節の変わり目に有効です。季節の変わり目は気候の変化に加え、生活環境も変化します。

頭、手、足、耳それぞれのツボ、呼吸法による方法を以下に示します。どの方法でも結構です。時と場合により使い分けてください。

 

1. 頭のツボからです。

①右図「百会」(左右の耳尖を結んだ線と正中線との交叉部)

髪際から指幅7本上か7本弱(女性は6本上)で少しくぼんでいるところを探ります。脳を活性化し、集中力を高めます。

「四神聡」 (百会の前後左右親指の幅1本)

「神」は精神の意味、「聡」は聡明の意味で、精神状態を落ち着かせることができ、自律神経のバランスが是正され、頭の感じをスッキリさせる効果があるツボです。百会の後のツボは単独で「防老」と呼ばれるツボです。

 

②督脈(頭の正中線)、膀胱経(頭の正中線から指二本横)、胆経(前頭部眉毛中央を上がった線)という経絡(ツボの経路)を人差し指、中指、薬指、小指の腹で押しながら、前髪際から後ろに少しずつ上がっていきます。コツは四指を少し広げ、頭のくぼみを探り、頭皮に指の腹を押しつけ、前後に揺らします。表面を揺らしますと髪が引っ張られますので注意してください。

なお、督脈、頭頂部の膀胱経、胆経の個々のツボの位置については「頭の正中線のツボ図解」ページを参照してください。

 

右図の後頭部の督脈(頭の正中線)、膀胱経(頭の正中線から指二本横)、胆経(前頭部眉毛中央を上がった線)という経絡も人差し指、中指、薬指、小指の腹で頭頂部から項部にむけて押していきます。コツは上述と同じです。 

③次に右図側頭部の2本の線を押していきます。頭鍼で使用する頂顳前斜線と頂顳後斜線という線です。コツは上述と同じです。

頂顳前斜線:「懸釐」(もみあげを上にたどり、眉の高さより少し上)~「前頂」 (「百会」の指2本前)の線

頂顳後斜線:「曲鬢」(もみあげ後縁の垂線と耳尖の水平線の交点)~「百会」(頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部)の線

 

2. 手軽にできる手のツボです。どの方法もお勧めです。

①右図「内関」 (腕関節掌側横紋の正中から肘に向け指2本)

「労宮」(中指、薬指を折り曲げて双方の先端の当たるところの中間)

中指、薬指双方の先端の中間ではなく、中指の先端という説もありますが、ここでは中間とします。手のひらの中心は「手心」と呼ばれるゾーンで、「労宮」のまわりも含めてゆっくり押してください。気持ちも落ち着きます。

 

②各指の爪の生え際(爪体の角から2mm弱)の6か所です。

右図「少商」、「商陽」、「中衝」、「関衝」、「少衝」、「小沢」

内側から「内」、「内」、「内」、「外」、「内」、「外」と覚えるとよいと思います。これらのツボは井穴と呼ばれ、急性の熱疾患や急を要する病態、精神疾患に良いと言われています。

 

③右図「指間穴」(手の甲側の指の股)

指の股をあいている手の拇指と示指でつまみ、押し込んでください。

3. 自律神経のバランスをとるのに有名な足の反射区とツボです。

右図「腹腔神経叢」 (「湧泉」(足の五本の指を内側に曲げた時にできるくぼんだところ)というツボを中心に第一中足骨と第二中足骨の間から、第三中足骨と第四中足骨の間までの範囲)

太陽神経叢ともいいます。

 

右図「上部リンパゾーン」(足裏、足の甲の各々の趾間の根元にある丸いゾーン)

八風と呼ばれるツボでもあります。親指と人差し指で足の甲、裏を挟むように押しこんでください。上部リンパの流れを改善し、自律神経のバランスを整えます。

4. 耳のツボです。

右図「神門」 (耳の上部、三角形をした浅いくぼみ(三角窩)、正確には対輪上脚と対輪下脚によってできる角の上、対輪上脚寄り。三角窩を3等分し、後方1/3の区域の上方対輪上脚寄り)

精神安定、自律神経のバランス改善に著効のある最も重要なツボです。

「交感」 (対輪下脚と耳輪の交差部)

自律神経のバランス改善、安定に重要なツボです。

 

各耳ツボは個別に爪等を使って軽く押さえますが、次の方法も勧めます。三角窩全体前側を人差し指の腹で、その後側を親指の腹で挟み、押しもみます。その後、三角窩をほんの少し上方にひっぱります。

 

5. 呼吸法です。

気功法のひとつで「聴息法」です。呼吸法と言うより、呼吸を意識します。

①夜寝床の中で、身体、特に顔をリラックスします。

②吐く息を意識します(聴きます)。

③時間にして3~5分ぐらいです。

④腹式呼吸、胸式呼吸、鼻で吐く等はどちらでも構いません。自然に腹式呼吸で、吐く息が長くなります。