蕁麻疹

軽い蕁麻疹のツボ療法です。遠因として疲れや心労があります。休んでください。

 

1. まず、かゆみによく効く特効穴です。次の「臂臑」、「治痒穴」は蕁麻疹そのものの症状も軽くします。軽い蕁麻疹の場合、この2穴だけでも結構です。

 

痛いと思いますが、次のツボを強く、長めに押し続けてください。特に「臂臑」というツボです。症状が続く場合は、ツボにピップエレキバンを貼り、時折押し揉んでください。日中かゆみが治まっても明け方再発します。数日押し揉む必要があります。片側に出てくる場合もあります。

 

右図「治痒穴」 (上腕の外側、腋窩横紋と肩峰から下りた線の交点)

中国では乳首の水平線と肩峰から下りた線の交点にとりますが、ここでは括弧内とします。蕁麻疹のかゆみ止めにも有効です。

「臂臑」 (肩峰の外端で肘を上げると2つの凹みが生じ、その前の凹みより指4本下)

上肢を下ろした場合は5横指、三角筋前縁にとります。ほぼ、前脇下横紋端の水平線上です。「臂臑」は子供の皮膚病によるかゆみにも効きます。5~10分間隔で数回押してください。

 

右図「かゆみ反応点」 (薬指と小指のまたの間から、1/3下がったところ)

2. 蕁麻疹の特効穴です。

右図「大椎」 (脊柱の正中第七頸椎下の陥中)  

第七頚椎は、首を前に曲げると首と背中の付け根に飛び出る椎骨で、丸く一番大きく見える骨です。人によっては、第六頸椎が大きく見える人もいます。その場合は、次の方法で判別します。

第七頚椎は頚椎(首の骨)の一番下で、髪の生え際から指4本下の大きな椎骨です。次の胸椎(背骨)の一番上との違いは首を縦横振ってみると動くのが頸椎、動かないので胸椎です。

 

右図「合谷」 (第一、第二中手骨の基底部の前陥凹部、やや人差し指側)

「曲池」(肘を十分屈曲して、肘窩横紋外端の陥凹部)

 

初めは弱く、次第に強く外向きに押します。