認知症

認知症の改善にツボ療法は、「徘徊(はいかい)が減少し、言葉や肉体による攻撃性が軽減するなど、明らかな改善効果が認められた。」と米医学誌「Journal of Clinical Nursing」に掲載されたほか、ほかの文献にも同様な効果が報告されています。

 

 

認知症は75歳を過ぎると発症率が急に高まるという報告があります。できるだけ、予防、または軽い段階での改善および重症化予防に努めることが大事です。

予防には、その人の生き方、生活習慣が大きくものをいいます。ポイントは次の通りです。 

①知的好奇心をもつこと、外出&社会との接触をすること、その人の役割があること

②有酸素運動、筋肉トレーニング、バランス運動は日常的に必須

③脳卒中を予防すること

④「理性」で考えること、「深く」考えること、「志」を持って考えること(次の項参照)

⑤噛むことは大事、五感も大事、特に嗅覚 

その上でのツボ療法です。

 

東洋医学の観点から述べます。東洋医学は精神作用を五行思想から「魂(精神を支える気)」、「神(精神・意識・思惟の主宰)」、「意智(しようとする思い、熟慮すること)」、「魄(激しい意気込み)」、「精志(意を支える心、根気、志)」に分け、それぞれ五臓「肝」、「心」、「脾」、「肺」、「腎」に割り当てています。その中で特に「神」、「意智」、「精志」の衰えが認知症に影響を与えると考えます。「神」、「意智」、「精志」はわかりやすく言うと「理性で考えること」、「しようという思いと深く考えること」、「志を持って考えること」です。東洋医学はこれらの「考える」ことを活性化するためにそれぞれ対応した「心」、「脾」、「腎」を補います。

 

これらの観点から、日常的に自分で簡単にでき、ほかの症候でも使う万能のツボを選びました。ツボの直接の狙いは、脳の活性化、臭神経の活性化、先天の気(元々ある体のエネルギー)の回復、血流の促進、冷えの改善です。

 

1. まず定番の頭のツボです。脳の活性化、脳内の血流促進が狙いです。

右図「百会」(頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部)

髪際から指幅7本上か7本弱(女性は6本上)で少しくぼんでいるところを探ります。「百会」、次の「四神聡」の押し方は首筋を立て脊髄の真ん中めがけて気を送りこむことをイメージします。

「四神聡」(百会の前後左右親指の幅1本)

「神」は精神の意味、「聡」は聡明の意味で、精神状態を落ち着かせることができ、自律神経のバランスが是正され、頭の感じをスッキリさせる効果があるツボです。百会の後のツボは単独で「防老」と呼ばれるツボです。

「神庭」 (鼻の真上、髪際(かみぎわ)より指1本弱入る)

眉間から指4本のところにとります。

「百会」、「四神聡」、「神庭」ともに、中指の先で頭蓋骨の中心部に向かう感じで押してください。弱いと感じる方は、拳を使い、中指の第2関節で、片方の手を拳にかぶせるように押してください。

 

右図督脈(頭の正中線)、膀胱経(頭の正中線から指二本横)、胆経(前頭部眉毛中央を上がった線)という経絡(ツボの経路)を人差し指、中指、薬指、小指の腹で押しながら、前髪際指2本下から後ろに少しずつ上がっていきます。コツは四指を少し広げ、頭のくぼみを探り、頭皮に指の腹を押しつけ、前後に揺らします。表面を揺らしますと髪が引っ張られますので注意してください。

特に督脈、前髪際指2本下から前髪際までの線を念入りに押してください。記憶障害、見当識障害、脳活性化を狙います。

なお、督脈、頭頂部の膀胱経、胆経の個々のツボの位置については「頭の正中線のツボ図解」ページを参照してください。

 

次に右図の後頭部の督脈(頭の正中線)、膀胱経(頭の正中線から指二本横)、胆経(前頭部眉毛中央を上がった線)という経絡を人差し指、中指、薬指、小指の腹で頭頂部から項部にむけて押していきます。コツは上述と同じです。

 

次に右図側頭部の線を押していきます。頭鍼で使用する頂顳前斜線、頂顳後斜線、顳後線という線です。コツは上述と同じです。

頂顳前斜線:「懸釐」(もみあげを上にたどり、眉の高さより少し上)~「前頂」 (「百会」の指2本前)の線

頂顳後斜線:「曲鬢」(もみあげ後縁の垂線と耳尖の水平線の交点)~「百会」(頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部)の線

顳後線:「曲鬢」(もみあげ後縁の垂線と耳尖の水平線の交点)~「率谷」(耳尖の直上、指2本)の線 → 言語障害の改善を狙います。

 

右図「風池」 (僧帽筋腱(僧帽筋の起始部)と胸鎖乳突筋の間の陥凹部、後頭骨の骨際)

体の正中線より指3本弱外側に位置します。

「風府」 (外後頭隆起下方(指二本弱)の陥中)

「風池」と同じ高さになります。

「天柱」 (盆のくぼの中央から指2本外側で僧帽筋腱の外縁陥凹部)

左右の「風池」を結んだ線より少し下側に位置します。「風池」を結んだ線には「上天柱」というツボがあり、「天柱」に劣らぬ効用があります。

首を後ろに倒し、首の重みを利用して右側は左手の(左側は右手の)中指で押さえた方が効きます。

「健脳」 (風池より指幅1.5本下)

指幅1本下という説もありますが、本サイトでは1.5本下とします。ツボの名前通り健脳を狙います。

「百労」 (脊柱の正中第七頸椎棘から指幅3本分上、外側指1.5本)

人によって第七頸椎棘から指幅4本分上が効く場合もあります。

2. 次に足のツボです。脳の活性化、臭神経の活性化、先天の気(元々ある体のエネルギー)の回復、血流の促進、冷えの改善が狙いです。

右図「脳ゾーン」(足の親指腹全体)

手の拇指の腹または示指の横で押し揉みます。力が入らない方は指圧棒で押し込んでください。

「湧泉」 (足の五指を屈し足底中央の最も隅なるところ)

中国では足の中心線で、指の付け根から踵までの長さの指の付け根から1/3のところにとりますが、ここでは少し上のくぼんだところとします。指圧するときは一番反応のある箇所を選んでください。指圧棒を使い、皮膚に直角に押し、最後に足先のほうに押しこんで脱力します。先天の気の回復を狙います。 

「副腎」の反射区 (湧泉の下のエリア)

 

右図「鼻」 (足の指の甲側)の反射区を裏側も挟むようにして揉んでください。アルツハイマーの最初にやられると言われている嗅神経を刺激します。

右図「三陰交」 (内踝の直上指4本、脛骨の後縁)

血流の促進、冷え予防を狙います。

右図「血海」 (大腿骨内側膝蓋骨内上角の上方指3本)

血流の促進、冷え予防ではこのツボも欠かせません。

右図「足三里」(膝の外側直下の小さなくぼみから指4本分下)

元気を取り戻し、胃を活発化します。

3. 次に手のツボです。心・精神の安定、脳の血流促進が狙いです。

右図「神門」 (腕横紋上で尺側手根屈筋腱の橈側(親指側)にとる)

片方の手の拇指で皮膚に直角に押し、最後に示指の根元のほうに押しこんで脱力します。そのほうが、ひびきがあると思います。

「内関」 (腕関節掌側横紋の正中から指2本)

 

 

「内関」を押すときに次の「外関」も一緒に挟んで押してください。 

右図「外関」 (腕関節背側横紋の中心(やや小指側)から上方指2本、橈骨と尺骨の骨陥)

自律神経を整えます。腕関節横紋から指で滑らせていくと皮膚のたるみで指が止まるところです。

 

右図「合谷」 (第一、第二中手骨の基底部の前陥凹部にとる。やや人差し指側)

右図「手の三里」 (次の「曲池」より前腕橈側指3本下)

 

 

 

4. 運動も認知症予防に効果的と言われています。有酸素運動、筋肉トレーニング、バランス運動の3本柱が不可欠です。自分でできる運動療法」ページで紹介しました《下半身の強化》、《バランス運動と下半身の筋肉トレーニングの組み合わせ》はぜひお勧めします。

 

5. もうひとつ重要な改善ポイントです。脳内に小さな梗塞、微小出血の発生も認知症を進行させるという報告があります。脳卒中予防」、脂質異常症」のページもぜひ参照して実践してください。