足少陰腎経

:足少陰腎経(てのしょういんじんけい)の主要穴(11穴/27穴中)

《全般の症状》

  • 「老い」のバロメータ、疲労回復(心身共に)、生命エネルギーを取り戻す、歯や骨、髪、耳などにでる症状の改善

⇒  足厥陰肝経と合わせると効果が上がる 

 

《流注》 るちゅう

足の第五指外側より脈気を受け、足底の湧泉を通って足の内果の後をめぐり、太谿より別れて踵の中に入り、下腿内側を上り、膝窩の内側(陰谷)に出て大腿内側を上り、脊を貫いて長強に会し、前に出て盲兪まで上り腎に属し膀胱をまとう。その直行するものは、腎より上って、肝、横隔膜を貫いて肺に入り、喉嚨(のど)を循って舌本を挾む。

その支なるものは、肺を出て心をまとい(注3参照)胸中に注ぎ、手の厥陰心包経に連なる

(注1) 青い太字部分にツボが配置される

(注2) 暗赤色の太字部分は見落とされがちなルート 

(注3) 腎の経絡の滞りは心、肺にも影響を与える。特に心は「精神・意識・思惟の主宰」であり、腎の機能、特に生命力の衰えは心(精神力)の衰えにつながる

 

《湧泉》 ゆうせん

[部位] 足の人差し指と中指の間のみずかきとかかとを結んだ線上で、みずかきから3分の1のところ

[字義] 湧は水の湧き出るところ、泉は生命力の泉

[適応症]  中高年には必須のツボ、毎日押す養老のツボ

: 足の疲れ、アレルギー性皮膚炎、下肢静脈瘤、下腹部の内臓下垂予防、関節リウマチ、気象病、逆流性食道炎、骨粗鬆症、高血圧、甲状腺異常、更年期障害、心の疲れ、座骨神経痛、脂質異常症、食欲不振、脂漏性皮膚炎、腎機能向上、足底痛、ダイエット、痛風、糖尿病、ドライマウス、夏を乗り切る、尿失禁、尿路結石、認知症、抜け毛、熱中症、白内障養生、冷え症、美容、疲労感、頻尿、ヘバーデン結節、不妊症、膀胱炎、慢性疲労、耳鳴り、むくみ、めまい、物忘れ、老人性難聴 (あいうえお順)

 

《太渓》 たいけい

[部位] 内踝の後方、アキレス腱の前のくぼみ

[字義] 太は大きい、渓は谷→内踝とアキレス腱の間の谷間

[適応症]  腎機能の衰え→腎経の原穴(注参照)

: 足底痛、痛風、こむら返り、足の疲れ、老人性難聴、耳鳴り、骨粗鬆症、リンパを流す、嚥下困難、呼吸困難、慢性の腰痛、腎機能向上

(注)原穴:六臓六腑に1つずつ、臓腑の気がもっとも現われる、臓腑の気を補う最も重要な経穴

 

《照海》 しょうかい

[部位] 内踝の直下の陥中

[字義] 照は照らす、海はものごとの広く集まるところ→明らかに腎の気が集まるところ

[適応症]  総合的な腎機能の増進に効く名穴

: 座骨神経痛、むくみ、関節リウマチ、気象病、心の疲れ、冷え症、肺炎予防

 

《復溜》 ふくりゅう

[部位] 内踝の上指3本、アキレス腱の前縁

[字義] 復は繰り返す、溜はたまる→腎の気が留まるところ

[適応症]  腎虚証

: 腎機能向上、慢性疲労、心の疲れ、関節リウマチ、足の疲れ、ダイエット、熱中症

 

《築賓》 ちくひん

[部位] 「三陰交」(内踝の直上指4本、脛骨の後縁)の上指3本、脛骨から指2本離れたところ). 腓腹筋の際

[字義] 築は築く、賓は濱(浜)→腓腹筋が低くなり浜のようになっているところ

[適応症] こむら返りの必須穴

: こむら返り、蕁麻疹、足の疲れ

(注) 郄穴(げきけつ、げっけつ):各経絡に1つずつ、急性症状は郄で取る

 

《陰谷》 いんこく

[部位] 膝後内側、膝窩横紋上で半腱様筋腱の外縁→膝裏の内側に太い腱があり、その外縁

[字義] 陰は(ここでは)膝裏、谷は谷間

[適応症] 腎の衰えを補う

: 下肢静脈瘤、膝痛

 

《横骨》 おうこつ

[部位] 「曲骨」(下腹部、前正中線上、恥骨結合上縁)の両隣

[字義] 横骨は恥骨のこと→恥骨部にある

[適応症] 湿疹の必須穴

: 美容、下腹部痛、脂漏性皮膚炎、尿失禁

 

《盲兪》 こうゆ

[部位] 臍の左右指1本

[字義] 盲は腎の邪気が注ぐ、兪は癒える、癒す

[適応症] 腎虚、下痢の必須穴

: 下痢

 

《神封》 しんぽう

[部位] 前胸部、第4肋間、正中線の外方指3本 

[字義] 神(心)をこの場所に封じている

(注)心蔵は第2~5肋間の位置にある。古代中国においては心臓に精神の機能があると考えていた

[適応症]  狭心症、咳、息切れ

: 咳喘息

 

《神蔵》 しんぞう

[部位] 前胸部、第2肋間、正中線の外方指3本

[字義] 神(心)を蔵している→腎経の経絡はここから心をまとう

[適応症] 胸痛、咳、息切れ

: 咳喘息、風邪

 

《兪府》 ゆふ

[部位] 前胸部、鎖骨下縁、正中線の外方指3本

[字義] 兪は癒やす、府は気が集まる(中心地)ところ→腎経の脈がここに集まる

[適応症] 胸痛、咳、息切れ

: 咳喘息、呼吸困難、首~背中の痛み、心の疲れ、肺炎予防

 

《他の経絡上の腎に関連する重要な経穴》

  • 「腎兪」 (第二、第三腰椎棘突起間脊柱の傍、指2本) : 足太陽膀胱経、背兪穴
  • 「京門」 (側腹部第12肋骨尖端の下際) : 足少陽胆経にあるが、足の少陰腎経の募穴

(注)募穴:六臓六腑に1つずつ、臓腑の異常を見る、臓腑の治療点、臓腑との結びつきが強い