関節リウマチ

関節リウマチは、東洋医学的にいえばその要因を「風寒」(寒さ)、「風湿」(高湿度)ととらえ、五行思想から「風」、「寒」、「湿」の影響を受けやすいそれぞれ「肝」、「腎」、「脾」の経絡(ツボの経路)の閉塞と見ます。なお、「風」という概念は「気圧の変化」ととらえます。

「風」、「寒」、「湿」により閉塞した経絡の気血の流れを改善するツボ療法を紹介していきます。さらに、骨折を防ぐべく骨粗鬆症予防の反射区も加えます。専門医の治療に加えて体質改善を行ってください。

なお、関節の痛みは「膝痛」、「前腕部の痛み、腱鞘炎」、「へバーデン結節」のページをご参照ください。

 

1. まず、足のツボ、反射区で治す方法です。

右図「肝臓ゾーン」 (右足裏にあり、第二中足骨より第五中足骨のほとんどをカバー)

このゾーンは右足のみです。外側に向けて押します。特に、薬指から4センチほど下に圧痛を感じると思いますので、念入りに押してください。

「腎臓ゾーン」 (「副腎」の下で第二、第三中足骨の近位端でリスフラン関節線の上)

「膵臓ゾーン」 (拇指球の3cmぐらい下のリスフラン関節上)

「副腎ゾーン」 (「腎臓ゾーン」の真上)

炎症を抑えます。

「湧泉」 (足の五本の指を内側に曲げた時にできる凹んだところ)

「腎臓ゾーン」、「副腎ゾーン」、「湧泉」は「腎」の機能を、「膵臓ゾーン」は「脾」の機能を高めます。

「腹腔神経叢」(「湧泉」を中心に第一中足骨と第二中足骨の間から、第三中足骨と第四中足骨の間までの範囲)

太陽神経叢ともいいます。特に、親指と人差し指のまたから踵方向に4cm下がったふくらみの稜線上、そして、そこから拇指球の下のくぼみまでの箇所が効きます。緊張を和らげる有名なゾーンです。

「甲状腺、副甲状腺ゾーン」 (足の親指の付け根の下にある膨らんだ部分)

特に足の内側の斜線部分の副甲状腺ゾーンを念入りに押し揉んでください。親指の付け根、親指と人差し指の間も押し揉んでください。骨粗鬆症を予防します。

 

2. 背中のツボで治す方法です。

右図「肺兪」 (第三、第四胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

左右の肩甲棘突起内端を結んだ線上を目安にしてください。

「厥陰兪」 (第四、第五胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

「心兪」 (第五、第六胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本) 

「腎兪」 (第二、第三腰椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

背中から触れる第十二肋骨の先端を結んだ線になります。

「大腸兪」(第四、第五腰椎棘突起間

脊柱の傍指2本、腸骨の上端の高さ)

「小腸兪」(仙骨部、第一後仙骨孔と同じ高さで正中線の外方指2本)

「肺兪」~「心兪」(~その下)の肩背部、「腎兪」~「小腸兪」(~その下)の腰部にある硬結、圧痛を探ります。その場所が移動すれば、追っかけてください。お灸(せんねん灸)を勧めます。

 

3. 手足のツボで治す方法です。

右図「太衝」 (第一、第二中足間を圧上して指の止まるところ)

足の中心に向かい、押します。「肝」を強化します。

右図「照海」 (内踝の直下の陥中)

内踝の直下、指幅半分または指1本強と二つ説がありますが、割れ目を狙い圧痛点を探ります。親指で上向きに押します

「三陰交」 (内踝の直上指4本、脛骨の後縁)

血流を改善します。

「陰陵泉」 (脛骨内側踝の下縁の陥中)

脛骨内側を膝に向かって擦上すると骨の湾曲部に至って止まるところにとります。湿熱と湿寒を除きます。

「血海」 (大腿骨内側膝蓋骨内上角の上方指3本)

血流を改善します。

「照海」は「腎」を、「三陰交」、「陰陵泉」、「血海」は「脾」を強化します。

 

右図「外関」 (腕関節背側横紋の中心(やや小指側)から上方指2本、橈骨と尺骨の骨陥)

腕関節横紋から指で滑らせていくと皮膚のたるみで指が止まるところです。前腕を回外した状態で押します。風熱(関節の腫れ、痛み、熱感)を除く名穴で、リウマチには欠かせないツボと言われています。