頭のツボ図解

1. 頭の正中線のツボの位置はわかりにくいので、そのとり方を説明します。下図を参照してください。

 

「神庭」 (鼻の真上、髪際(かみぎわ)より指1本弱入る)

髪際(髪の生え際)は年齢とともに変わりますので、眉間から指4本のところにとります。髪際にとるという説もあります。

「上星」 (手関節横紋を鼻尖に当て、中指先端の当たるところ)

「顖会」(「上星より指1本強後ろ、または髪の生え際から指幅3本上、押してくぼみを探す)

冠状縫合(左右頭頂骨と前頭骨との三骨の縫合)の中央にあたるところで、陥凹部を探ります。

「前頂」 (「百会」の指2本前)

「顖会」と「百会」の中間にとります。

「百会」 (頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部))

髪際から指幅7本上か7本弱で少しくぼんでいるところを探ります。女性は6本上にくぼんでいるところを探ってください。

「後頂」 (「百会」の指2本後)

「四神聡」 (百会の前後左右親指の幅1本)

「神」は精神の意味、「聡」は聡明の意味です。特に「百会」の後のツボは「防老」とも呼ばれています。

「脳戸」 (外後頭隆起直上陥中)

「瘂門」から指3本上です。水平線上に「玉枕」があります。

「風府」 (外後頭隆起下方(指二本弱)の陥中)

「瘂門」から5mm上です。水平線上に「風池」があります。

「瘂門」 (項窩の正中、後頭骨下際の凹みで指で盆の窪を押し上げて止まるところ)

盆の窪で最も陥凹しているところに取ります。同じ並びに「天柱」があります。


2. 頭頂部のツボの位置関係もわかりにくいので図示しておきます。

3. 後頭部をマッサージする際、本ホームページでは、「後頭部、側頭部を指で探るとあちこちに凹凸があります。くぼんでいて、少し痛いところを押します。」と説明していますが、目安となる場所を明記しておきます。

「つむじ」

少し長めに押します。つむじが見つからない場合は、百会の後あたりを押してください。

「ラムダ縫合」 (後頭骨と左右の頭頂骨の接続部)

「言語2区」 (頭頂結節の後下方2cmより下3cmの区域)

運動性の失語症に効果があるといわれています。

「言語3区」 (耳尖の直上1.5cmの点より後方4cmの区域)

感覚性の失語症に効果があるといわれています。

「後頭乳突縫合」 (後頭骨と側頭骨乳突部(側頭骨後方を形成する側頭骨の一部分)の間)

胆経という経絡のツボが並んでいます。側頭部の痛みや耳鳴り、難聴に良く効きます。

「外後頭隆起の上下の横線」 (後頭部の正中線の下方にある出っ張った骨)

盆の窪に指を当て、上の方に指をずらしていくと骨の出っ張りにぶつかります。それが、外後頭隆起です。揉む場所は外後頭隆起の上の横線、下の横線2本です。下の線2本をそれぞれ上項線、下項線といいます。このラインには目に良いツボが並んでいます。耳の後ろ、乳様突起まで押しもみます。

1:「督脈」 (頭の正中線)、

2:「膀胱経」 (頭の正中線から指二本横)

3:「胆経」 (前頭部眉毛中央を上がった線)