頭痛

次の頭痛のツボ療法です。

・緊張型頭痛→頭、首、肩の筋肉のコリや精神の緊張を和らげ、痛みを和らげる

・片頭痛→頭の血の流れを調整し、痛みを和らげる 

 

東洋医学的には頭痛の要因は次の様に考えます。

・邪気が上部に滞っています。体質から見ると気滞、気逆、痰湿、瘀血が考えられ、気滞は緊張型頭痛、痰湿、瘀血及び気逆は片頭痛を引き起こします。

・気滞はストレスから気が上半身にこもり、頭、首、肩の筋肉が緊張します。

・痰湿、瘀血は、からだが冷え、からだ全体の血の量や栄養が足りず、脳に必要な量を送り届けることができません。頭痛を予防する体質作りが基本です。

・痰湿による頭痛は天気の悪化と連動することがあります。

・気逆は体を巡る気の流れに異常が起き、気が逆流したり、上がったままになる状態になったり、体にひずみができています。自律神経のバランスが不安定になるとなりやすくなります。

・上記の改善に焦点を絞り、治していきます。

・なお、体質及びその改善方法については「体質とツボ」を参照してください。

 

なお、側頭部、後頭部、前頭部の部位別の痛みへの対処は頭痛(部位別)ページをご覧ください。

 

1. 頭、首、背中にあるツボで治す方法です。

片頭痛の治療法として、重要なポイントです。

片頭痛は頭、首の血流を良くすると、かえって悪化します。そこで、項番1は全てのツボの施術を行わず、特効穴である項番1②「天柱」、「膈兪」にとどめてください。さらに片頭痛の予防には項番2の気功法「スワイショウ(甩手)」が必須です。それだけでも十分効果があります。

 

①右図「百会」 (頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部))

髪の生え際から指幅7本上または7本弱(女性は6本上)で少しくぼんでいるところを探ります。

「四神聡」 (百会の前後左右親指の幅1本)

「神」は精神の意味、「聡」は聡明の意味で、精神状態を落ち着かせることができ、自律神経のバランスが是正され、頭の感じをスッキリさせる効果があるツボです。百会の後のツボは単独で「防老」と呼ばれるツボです。

 

②右図「風池」(僧帽筋腱(僧帽筋の起始部)と胸鎖乳突筋の間の陥凹部、後頭骨の骨際)

体の正中線より指3本弱外側に位置します。

天柱」(盆のくぼの中央から指2本外側で僧帽筋腱の外縁陥凹部)

近辺を押し、著しい圧痛を探してください。

特に片頭痛には定評のあるツボです。

「健脳」 (風池より指幅1.5本下)

指幅1本下という説もありますが、本サイトでは1.5本下とします。

「百労」 (脊柱の正中第七頸椎棘から指幅3本分上、外側指1.5本)

人によって第七頸椎棘から指幅4本分上が効く場合もあります。  

「肩井」(第七頚椎棘と肩の骨の先端(肩峰角)を結んだ中央)

第二、第三、第四指を揃えて肩上に当て、第三指(中指)が当たるところで、押すとズンとひびきます。皮膚に対して垂直に押します。

第七頚椎棘という言葉が出てきましたので、ここで説明しておきます。

第七頚椎棘は、首を前に曲げると首と背中の付け根に飛び出る椎骨で、丸く一番大きく見える骨です。棘は椎骨の後端が隆起し、突出したもの (突起)を意味します。人によっては、第六頸椎が大きく見える人もいます。その場合は、簡便法として次の方法で判別します。

第七頚椎は頚椎(首の骨)の一番下で、髪の生え際から指4本下の大きな椎骨です。

「天髎」 (肩井の斜め内側後ろ親指幅1本)

内側への斜め後ろのほうが響きます。

「膏肓」(左右の肩甲棘の内端を結んだ線より指2本弱下を目安に、肩甲骨の内縁で最もひびきのあるところ)

膈兪」(第七、第八胸椎棘突起間脊柱の傍、指2本) 

左右の肩甲骨下縁を結んだ線上を目安にしてください。特に片頭痛によく効きます。著しい圧痛があります。

 

2. 次に中国に古くから伝わる気功法「スワイショウ(甩手)」です。片頭痛の予防に効果があります。一日1セット2分は行って下さい。

①でんでん太鼓のように、ねじりを入れ回転します。

・立った姿勢で、足を肩幅ぐらいに広げて立ちます。その際、つま先は広げず、正面を向けます。

・腕の力を抜いて、腕を垂らしたまま、頭頂から背骨、尾骨の縦の線を軸にして、ウエストをひねって回転運動をします。ウエストを横に向けることを意識します。足の床への接着面はそのままです。

・腕と肩の力を十分に抜き、腕は体に巻きつくようにまかせる感じです。勢いをつけて回さないでください。

・顔は正面を向いたまま、首を回しません。これは重要なポイントです。

・左右に巻きつくとき口からふっと息を吐きます。吸うときは自然に任せます。但し、無理をする必要はありません。自然に任せてください。 

 

3. 慢性化している首のコリを取るため、首のストレッチをします。緊張型頭痛に効果があります。頭痛が出ている場合にも有効です。

・例えば、首を右斜め上に曲げると左首が痛い場合の対処法です。

・左腕の肘を90度に曲げ、背中に前腕外側をつけ、固定します。こうすることで次の動作の首を押し下げたとき、肩が上がらないようにし、可動域を広げるようにします。

・右手を頭頂部に置き、右斜め下に押し下げ、10秒ぐらいキープします。軽く押し下げることがポイントです。

・左右を逆転し、反対側もやります。

 

4. 足の反射ゾーンで治す方法です。上記の手法を補完します。

①右図「脳ゾーン」 (足の親指の腹全体)

「頸椎ゾーン」 (足の親指の基節の内側)

「項ゾーン」 (足裏の親指の基節全体)

「乳様突起ゾーン」 (足の親指の外側で末節と基節の間)

「腹腔神経叢」 (「湧泉」(足の五本の指を内側に曲げた時にできる凹んだところ)というツボを中心に第一中足骨と第二中足骨の間から、第三中足骨と第四中足骨の間までの範囲)

太陽神経叢ともいいます。特に、親指と人差し指のまたから踵方向に4cm下がったふくらみの稜線上、そして、そこから拇指球の下のくぼみまでの箇所を押してください。神経の緊張状態を取り除く有名なゾーンです。

頭痛は消化器系の不調が伴う場合があります。この場合は土踏まず全体(斜線部分)を押してみてください。特に圧痛がある箇所を押し揉んでください。消化器の不調の症状により、「胃痛」、「便秘」、「下痢」を参考に手当てをしてください。

 

②右図「胆嚢反射区」(右足の甲及び裏の第三、第四中足骨間隙の基部 (足首に近い部分))

胆嚢反射区は右の足のみで、足の甲側、裏側双方にあり、特に甲側に圧痛が出ます。右足の第三指と第四指の指の股から5センチほど下になります。足の裏側で外側(第四中足骨)に反応がある場合もあります。女性にとっては大事な反射区です。少し強めに長く押します。

5. 耳と手にあるツボで治す方法です。

①右図「頭痛帯」 (耳たぶの上にある、軟骨の出っ張った丘(対珠)) 

軽い頭痛を手軽に治すツボです。しかし、持続性がないため、頻繁に施術する必要があります。

②右図「合谷」 (第一、第二中手骨の基底部の前陥凹部、やや人差し指側)