養生のツボ

日頃からの養生として、ぜひ次の方法を勧めます。心身ともに養生します。日常的に行ってください。

 

ここでの養生の狙いは次の通りです。

①「腎」、「脾」、「肺」、「肝」、「心」の五臓を養う。特に、

・東洋医学で言う先天の気(生まれながらに持っているエネルギー)を大事にする。

・後天の気(呼吸による気(空気)と大地からの穀気(食物の栄養))を十分に養い、代謝を促進する。

②老いを防ぎ、認知症を予防、体の冷えを防ぐ。

 

1. 左右の足、特に足底(足裏)を使った方法です。一番のお勧めです。それぞれのツボ、反射区をツボ押し棒で押圧またはサムウォーキング(ツボ療法の方法(項番8)参照)という手法を使ってください。

 

①エネルギーの衰えを防ぎ、先天の気を回復します。且つ、水分、老廃物排出、体脂肪燃焼の手助けをします。

「湧泉」 (足の五本の指を内側に曲げた時にできる凹んだところ)

中国では足の中心線で、指の付け根から踵までの長さの指の付け根から1/3のところにとりますが、ここでは少し上のくぼんだところとします。指圧するときは一番反応のある箇所を選んでください。 

「副腎ゾーン」 (次の「腎臓ゾーン」の真上)

「腎臓ゾーン」 (第二、第三中足骨の近位端でリスフラン関節線の上) 

「輸尿管」 の反射区 (「腎臓」、「膀胱」を結んだ線)

「膀胱」 の反射区 (内踝の下、土踏まずのアーチ状の(踵骨、舟状骨、第一楔状骨にまたがる)エリア)

 

②胃、十二指腸の機能を正常化し、後天の気(大地からの穀気(食物の栄養))を十分に養い、代謝を促進します。また、貧血改善、老廃物排出促進につながります。

右図「胃、十二指腸ゾーン」(足裏第一中足骨の基部)

「膵臓ゾーン」 (拇指球の3cmぐらい下のリスフラン関節上)

双方のゾーンとも指圧棒を使って押し揉みます。方向としては内側から外側に向けて押し込みます。

 

③肺を養生し、後天の気(呼吸による気(空気)を十分に養い、代謝を促進します。

右図「肺ゾーン」 (足の甲の足背、足底の第一中足骨から第五中足骨までの骨間)

④加えて、右図青色で囲んだエリア「腹腔神経叢」(「湧泉」というツボを中心に第一中足骨と第二中足骨の間から、第三中足骨と第四中足骨の間までの範囲)を押し込んでください。太陽神経叢ともいいます。特に、親指と人差し指のまたから踵方向に4cm下がったふくらみの稜線上、そして、そこから拇指球の下のくぼみまでの箇所を押してください。緊張を和らげる有名なゾーンです。また、この反射区は「横隔膜」ゾーンとも重なっており、横隔膜を柔らかくし呼吸を深くします。

 

⑤大腸、小腸を養生します。

右図「大腸ゾーン」及びそれに囲まれている「小腸ゾーン」(「小腸ゾーン」 (土踏まずのリスフラン関節より踵側)

腸は人の体の中で最大の免疫器官でもあり、第二の脳と言われています。右足から左足での数字の順番に押してください。指圧棒でも結構です。次に、左右均等に抑え、抵抗または痛みがあるところを探します。その箇所に重点的に圧を掛け、抵抗が和らぐまでほぐしていきます。2と3のラインはリスフラン関節の少し下方(但し、第四中足骨基底部では同関節の上方)、5のラインは内髁と外髁を結んだ線になります。「小腸ゾーン」は斜線部分です。

 

⑥肝臓を養生します。

東洋医学からみると、肝には次のような働きがあるとしています。「血を貯蔵し、血量を調節する」、「外からのあなどりを防ぎ、対策を考慮し、病邪に抵抗する」、「筋肉を管理し、疲労を取る」、「怒り、いらいらを鎮める」、肝っ玉とよく言われますが「計画力や決断力をつける」、「目の機能を回復する」といった働きです。

右図「肝臓ゾーン」 (右足裏にあり、第二中足骨より第五中足骨のほとんどをカバー)

このゾーンは右足のみです。特に、薬指から4センチほど下に圧痛を感じると思いますので、念入りに押してください。この個所は外側に向けて押します。

 

⑦脳の活性化、認知症予防が狙いです。

右図「脳ゾーン」(足の親指腹全体)

項番4の方法もお勧めです。

⑧心臓を養生します。

右図「心臓ゾーン」 (左足の裏での中指と薬指のまたから3~4cm踵より)

この「心臓ゾーン」は左足のみです。加えて、斜線の部分全体を探ってください。圧痛があれば押してください。

「心臓ゾーン」の反射区は東洋式と欧米式の反射療法で異なる位置を示します。本ページでは東洋式を使います。

2. 次のツボも日頃の養生として最適です。

①右図「足の三里」(膝の外側直下の小さなくぼみから指4本分下 )

ひびく感じがなければ前脛骨筋を上下左右四方の角度から押してみてください。

②右図「三陰交」 (内踝の直上指4本、脛骨の後縁)

脛骨の後縁を足首側から擦上すると少しくぼんだ感触があると思います。女性には必須のツボです

③右図「腎兪」 (第二、第三腰椎棘突起間脊柱の傍、指2本)

背中から触れる第十二肋骨の先端を結んだ線になります。

「志室」 (腎兪の傍、指2本)

押し方としては次の方法がお勧めです。

仰向けに寝て、小さなボールを2個タオルに巻いて腰に当てます。小さなボールとしてバウンドボール(直径56mm)がお勧めです。

 

3. 手を使った方法です。時間と場所を選ばず、手軽にできます。以下の手法は、経絡、捏五指法、高麗手指鍼を基にしています。

①各指の爪の生え際(爪体の角から2mm弱)の6か所、「少商」、「商陽」、「中衝」、「関衝」、「少衝」、「小沢」を刺激します。内側から「内」、「内」、「内」、「外」、「内」、「外」と覚えるとよいと思います。これらのツボは井穴と呼ばれ、急性の熱疾患や急を要する病態、精神疾患に良いと言われていますが、ここではからだ全体の冷えの改善、認知症予防、自律神経の調整、血圧の安定が狙いです。ツボは左側の図の○印に位置し、赤線のところを親指の爪の先端を使って断ち切るように押すか、チクチクと数回押します。一日何回でも押してください。最もお勧めする養生法のひとつです。

 

②冷えの改善、糖尿病改善及び合併症予防、認知症予防、めまい予防、弾発指の症状緩和等を狙います。手の各指を根元から先端まで、人差し指と親指で、または拇指球と小指球で挟みながら斜めの方向に押し揉みます。一日何回行っても結構です。

・手の冷えは人差し指及び薬指を、足の冷えは親指及び小指を揉みます。

・認知症の予防、めまい予防は特に中指の先端を押し揉むか、片方の手の爪でチクチクと刺激をします。 

 

③消化器系の不調改善を狙います。

右図「胃ゾーン(手)」 (手のひらの中央から中指の付け根)

胃のむかつき、胃痛にお勧めです。

「大腸、小腸ゾーン」 (手のひらの中央)

便秘、下痢にお勧めです。

「胃腸点」 (手のひらの中央部と手首の付け根の中間点)

手首側より探ってみると、手の腹のふくらみを超えて少し平らになったあたりです。

「内関」 (腕関節掌側横紋の正中から肘に向け指2本)

「内関」は、自律神経の安定、不安や動揺の調和、胸部、心窩部の痛みや疾患に効く名穴です。

 

 

④自律神経の改善を狙います

右図「内関」 (腕関節掌側横紋の正中から肘に向け指2本)

「労宮」(中指、薬指を折り曲げて双方の先端の当たるところの中間)

中指、薬指双方の先端の中間ではなく、中指の先端という説もありますが、ここでは中間とします。手のひらの中心は「手心」と呼ばれるゾーンで、「労宮」のまわりも含めてゆっくり押してください。気持ちも落ち着きます。

 

⑤慢性的な腰痛の改善を狙います。

右図「腰腿点」 (片方の手の甲に二つあり、人差し指と中指の間の溝、薬指と小指の間の溝をそれぞれ手首の方に向かってたどり止まるところ)

中手骨という骨が接する手前のくぼみです。場合により、もう少し手首に近いところに圧痛があるときもあります。くぼみを、円を描くように押します。特にぎっくり腰には薬指と小指の間の溝のほうが効きます。また、臀部、下肢外側の疼痛、腰をひねると痛みが出る症状に有効です。

「腰椎」 (手首付近の中央)

上記「腰腿点」の近位側から手首にかけてのゾーンを押すか、または片方の手の爪でチクチクと刺激をします。 

 

⑥慢性的な首の痛みの緩和を狙います。中指の付け根一帯(右図)を揉みほぐすか、片方の手の爪でチクチクと刺激をします。 

⑦足首、膝、股、手首、肘の各関節の痛みの緩和を狙います。

右図の各指の関節を片方の手の爪でチクチクと刺激をします。なお、高麗手指鍼による指と身体の対応の考え方は次のようになっています。

左手小指→左脚、左手薬指→左腕、左手中指→頭から肩、左手人差し指→右腕、左手親指→右脚

右手小指→右脚、右手薬指→右腕、右手中指→頭から肩、右手人差し指→左腕、右手親指→左脚

 

 

 

4. 頭のツボを使った方法です。自律神経を整え、気持ちを落ち着かせ、脳の疲れを取ります。認知症予防にも最適です。

①まず、頭のツボで脳の血流改善をします。

「百会」 (頭部正中線と左右の耳尖を結んだ線の交叉部)

髪の生え際から指幅7本上か7本弱(女性は6本上)で少しくぼんでいるところを探ります。

「四神聡」 (百会の前後左右親指の幅1本) 

「神」は精神の意味、「聡」は聡明の意味で、精神状態を落ち着かせることができ、自律神経のバランスが是正され、頭の感じをスッキリさせる効果があるツボです。 

 

②次に頭の経絡(ツボの経路)に沿って押していきます。

督脈(頭の正中線)、膀胱経(頭の正中線から指二本横)、胆経(前頭部眉毛中央を上がった線)という経絡を人差し指、中指、薬指、小指の腹で押しながら、前髪際から後ろに少しずつ上がっていきます。コツは四指を少し広げ、頭のくぼみを探り、頭皮に指の腹を押しつけ、前後に揺らします。表面を揺らしますと髪が引っ張られますので注意してください。

 

③後頭部の督脈(頭の正中線)、膀胱経(頭の正中線から指二本横)、胆経(前頭部眉毛中央を上がった線)という経絡を人差し指、中指、薬指、小指の腹で頭頂部から項部にむけて押していきます。コツは上述と同じです。

 

5. そのほか、特定の未病または症状を治したい方は、以降各々別ページに記述してあるツボを日常的に押してください。さらに自分でできる運動療法もぜひお勧めです。