アレルギー性皮膚炎には必須! 長い目で手当てをして欲しいツボ

自分でその良さを実感しているツボの第2弾です。

このなかでお勧めなのは「副腎」と言うツボです。正確に言えば反射区になります。長い目で手当てをして欲しいツボスです。アレルギー性の皮膚炎は体の調子、季節によりぶり返すことがあります。それでも、このツボを押し続けることで安定した期間が長くなります。ツボ押し棒で強く押しますが、時々指の腹でその感触を探ってみてください。下から押し返すようなかたさがあれば、調子が悪い状況です。丹念に押します。

 

「湧泉」(五指を屈し足底中央の最もくぼんだところ)

「副腎ゾーン」 (湧泉の下のエリア)

「腎臓ゾーン」 (副腎の下のエリア、第二、第三中足骨の近位端でリスフラン関節線の上)