自分で行うツボ療法、運動療法による養生

本サイトに掲載してあるページから、ツボ療法、運動療法の経験のない方が初めて養生を行う場合のお勧めのページをご紹介します。

 

東洋医学では養生医学も一つの分野で、養生の要素として、生き方、生活習慣、食事、呼吸、運動、手技療法等があります。養生は積極的な取り組みが必要です。

 

1. ツボ療法の方法

・事前に一読して下さい。

 

2. 養生のツボ

・特にお勧め…足の反射区、三里、三陰交、合谷、井穴(爪の生え際)

・道具…指圧棒、井穴は爪でチクチク

・タイミング…毎日

 

3. 運動による養生法

・特にお勧め…肩甲骨まわりのストレッチ、スワイショウ、耳ひっぱり(三方向)

・タイミング…毎日

 

4. 脳の疲れ

・特にお勧め…頭頂部、後頭部、後頚部

・道具…不要、指先を使用

・タイミング…疲労時(ストレス対応)

 

5. 美容(たるみ)

・顔のたるみは早めのケアが大事です。目、歯の養生も兼ねています。

・特にお勧め…目のまわり、顎及びほうれい線のまわり

・道具…不要、指先を使用

・タイミング…毎日