尿失禁

加齢とともに出てきて、軽失禁とも呼ばれるこの症状は切実です。

軽症の段階で改善するツボです。重症の場合は、医者にかかる必要があります。

尿失禁は最終的に膀胱で正常に尿を溜めることができなくなってしまう状態(膀胱失約と言います)ですが、東洋医学の観点からみると、腎経、脾経、肺経の経絡(ツボの経路)の虚と考えます。腎は水液を主る機能を持ちます。脾は肌肉(細胞と解釈してください)を司る機能を持ち、その衰えは内臓やそれを支える筋肉の下垂を引き起こすとしています。肺は水液を全身に運び、調節をする機能を持つと定義されています。例えば、汗をコントロールするのは肺の機能としています。

そこで、泌尿器系の反射区および腎経、脾経、肺経の経絡のなかから尿失禁に著効のあるツボを選んでいきます。

 

1. まず、泌尿器系の反射区、腎経のツボです。

右図「湧泉」 (足の五指を屈し足底中央の最も隅なるところ)

「副腎」の反射区 (湧泉の下のエリア)

「腎臓」の反射区 (足裏中央付近のへこんだあたり)

「輸尿管」の反射区 (「腎臓」、「膀胱」を結んだ線)

「膀胱」の反射区 (内踝の下、土踏まずのアーチ状の(踵骨、船状骨、第一楔状骨にまたがる)エリア)

これらは頻尿でも使うツボ、反射区で、軽い症状の場合はこれだけで改善されるはずです。

 

右図「然谷」 (内踝の前、舟状骨結節(黒い点線の丸)の下の陥中にとる)

内踝の斜め前下に丸い骨があり、その下の前のほうの端にとります。足の母指内側第一中足指節関節の後陥中から踵に向かいほぼ指3本強のところにあります。

2. 次に泌尿器系トラブルの代表的な必須穴です。

右図「関元」 (臍の中心から真下に指4本)

「丹田」とも呼ばれ、応用範囲の広いツボです。

骨盤の中心に向けて押し込み、斜め下に流します。

「中極」 (「関元」より親指幅1本下)

この二つのツボは頻尿でも使う名穴です。正確には臍から恥骨結合上縁を5等分し、「関元」は上から3/5、「中極」は4/5に取ります。

 

「関元」、「中極」を押す際は次の要領で押してください。ツボ押しと同時に、骨盤底筋を鍛えます。お勧めのトレーニングです。

・仰向けに寝て、軽く足を広げて膝を立てます。

・次に肛門や尿道を強くしめながら、腰を持ち上げます。その際、息を口から細く吐きながら、上記のツボを5~10秒間長めに押していきます。そして緩めます。これを3~5回繰り返します。

 

3. 次に脾経、肺経の基本穴です。

右図「三陰交」 (内踝の直上指4本、脛骨の後縁)  

右図「列缺」 (両手の拇指と示指のまたを交差させ、示指の先端が当たるところのくぼみ(橈骨茎状突起のそばのV字型の割れ目))

拇指の爪先で手首方向へ力を入れて押します。