打撲の施術

最近、顕著な改善例として実感したのは打撲の療法です。

 

内出血を起こしているまわりをシャープペンシルの先(芯を出していない状態)でチクチクと刺激をします。毎日、2~3回行います。数日後、ある程度腫れが引いてきたら、内出血を起こしている箇所も含めて刺激をするという方法です。詳細は「打撲」を参照してください。

 

なお、打撲を起こした直後のアイシングは必須です。